工務店の経営 収益力を改善する4つのチェック

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 工務店

工務店の経営 収益力を改善する4つのチェック

nayamulady

工務店の経営に限らず、経営であれば収益力の改善は考えることもあると思います。

先回は工務店の集客ということを少しお伝えしましたが、今回は収益力の向上をテーマに

したいと思います。

よく売上げ目標とか定めたり、今期は○○棟だ!とか定めることもありますよね?

それそのものは否定はしませんが収益力の向上(利益率を上げる)となると話は違ってくる

んですね。

経営はある意味総合力ということもあるので、例えば集客は強いけど営業が中々うまくいかない

とか営業は強いけど集客が弱い。また集客もそこそこ、営業もそこそこだけど利益が出ない。

色々なパターンがあると思うんです。

今回のテーマの収益力を向上であれば、このような考えをご紹介したいとおもいます。

私のセミナーなどで何度かご紹介しているのでご存知の方もいるかも知れませんが

その方は復習のつもりでご覧ください

 

     工務店利益感度分析

1利益感度

上の①~④の対策でどれが一番利益率があがるか?

これすぐ分かった方は素晴らしいです!

セミナーなどでお話させて頂いても10人中2人くらいの的中率です。

例を上げながら説明していきたいと思います。

前提条件として利益率は30%、固定費(人件費・広告費など)は2000万円で考えます。

工事単価100万円の工事で工事原価が70万円で粗利が30万円。この工事件数が100件あった場合

工事単価100万円×100件=1億円  これが売上げです。

工事原価70万円×100件=7000万円 これが工事原価

粗利が3000万円ですがここから固定費の2000万円を引くと利益が1000万になります。

これでも素晴らしいですよね?

では、順番に見ていきましょう。

受注件数を10%増やす

工事単価100万円の工事で工事原価が70万円で粗利が30万円。この工事件数が110件あった場合

工事単価100万円×110件=1・1億円  これが売上げです。

工事原価70万円×110件=7700万円 これが工事原価

粗利が3300万円ですがここから固定費の2000万円を引くと利益が1300万になります。

お~受注件数を10%増やしたら

1・3倍の収益力改善になりました。

では次。工事原価を10%下げた場合を見てみましょう。

工事単価100万円の工事で工事原価が63万円で粗利が37万円。この工事件数が100件あった場合

工事単価100万円×100件=1億円  これが売上げです。

工事原価63万円×100件=6300万円 これが工事原価

粗利が3700万円ですがここから固定費の2000万円を引くと利益が1700万になります。

今度は工事原価を10%下げたら工事件数

は変わらなくても利益は1.7倍になりました。

又次です。今度は販売単価を10%上げて計算してみます。

工事単価110万円の工事で工事原価が70万円で粗利が40万円。この工事件数が100件あった場合

工事単価110万円×100件=1・1億円  これが売上げです。

工事原価70万円×100件=7000万円 これが工事原価

粗利が4000万円ですがここから固定費の2000万円を引くと利益が2000万になります。

工事単価を10%上げると工事件数は

変わらなくても利益は2倍になりました。

更に次。固定経費を10%下げて計算してみます

工事単価100万円の工事で工事原価が70万円で粗利が30万円。この工事件数が100件あった場合

工事単価100万円×100件=1億円  これが売上げです。

工事原価70万円×100件=7000万円 これが工事原価

粗利が3000万円ですがここから固定費の1800万円を引くと利益が1200万になります。

つまり固定費を10%削減しても利益は

1.2倍までしか改善しない

ちなみに、、この計算で10%値引きをした場合はどうなるかというと赤字です

工務店の経営で収益力を向上したい、利益力を向上させたい場合には

利益感度分析 2

こんな順番で行うことをおススメしています。

それぞれの項目で10%づつでなくても、各項目ごとに3~5%改善するだけで飛躍的に

収益力は向上していきます。

この考え方は売上げシェア拡大の考えではありません。あくまでも収益力を向上させて

いきたい場合の考え方です。

まず、販売単価を少しでも上げられないか、仕入れなど原価を抑えられないか。

そこから受注件数の向上や固定費など原価を落とせないか?検討します。

実際にこの手法で飛躍的に収益力が向上した会社さんも沢山あります。

もし収益力、利益を向上したいという場合にはこの手法をおススメします。

まとめ

①利益率向上の為にはまず、販売単価の向上次に工事原価見直しが有効

②売上げ、シェア拡大だけでは利益率はそれほど向上しない

③販売単価の向上、工事原価の見直し、販売件数の向上、固定費の見直し。

それぞれ3~5%見直しただけでも劇的に利益率が改善する。

makasetoke

御精読ありがとうございます。すこしだけお知らせです。

*少人数の無料工務店勉強会はこちらから

「新築&大型リフォームの獲得対策」

副題:ちょっとの工夫で成功する。売り込まなくても売れる工務店へ

今月は10月20日 14:00~16:30

ジーレックスジャパン株式会社 セミナールームにて

千葉県市原市五井2437-2 ホマレヤビル3F     電話 0436-63-3015

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

Emperor_Humayun

世界史に学ぶ工務店営業        ~受注をひっくり返されない

2017/08/09 |

コミュニティビルダー協会ブログ ~受注をひっくり返されないために~ ムガル帝国2代皇帝フマーユー...

記事を読む

cbe8e508b50eb3dea9cea41e05e15dc8

4月上旬のニュースから

2018/04/07 |

今年の桜はあっという間に咲いて、あっという間に散ってしまいましたね。 みなさん花見はされました...

記事を読む

ジンジャーチャイ

工務店業界まとめニュース 11月中旬

2015/11/17 |

インドのチャイも美味しい季節 工務店業界まとめニュース 11月中旬分・少し早い? 11月中旬...

記事を読む

nenrei

コミュニティビルダー協会コラム ~昨年家を建てた人はどんな人?

2016/09/17 |

コミュニティビルダー協会コラム ~昨年家を建てた人はどんな人?住団連のデータより~  ...

記事を読む

Message

SNSセミナー

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑