SDGsの取組について

sdgs

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たち一般社団法人コミュニティビルダー協会では、以前から取り組んでいる内容(工務店による地域及び社会貢献活動の取り組みを広め支援し、工務店業務、商品、資材、人材、情報等の支援や調査、研究、提言等を行い、且つ消費者にとって有益で且つ、住まいや暮らしの向上等を持って国民の住生活の向上と工務店業界の発展に資するというもの)に合致し、また目標・方針として沿うものとして運動を広めて生きたいと思っております。

 

適合する目標と私たちの取り組みについて

3保健(すべての人に健康と福祉を)

sdg_icon_03_ja

人々の健康は日々の暮らし、特に住環境とは密接なかかわりがあります。国交省で発表されている断熱性能と健康の相関関係から見てもあきらかです。断熱性能だけでなく、体にやさしい自然素材、お施主様が健康に暮らせる家づくりをコミュニティビルダーが手助けできればと思います。

 

7エネルギー(エネルギーをみんなに そしてクリーンに)

sdg_icon_07_ja

日本の場合、家庭部門のエネルギーの消費は全体のおおよそ14%強にのぼります。現在の既存住宅(新築前の家)は多かれ少なかれ過去の断熱性能規準で建てられ、当時としては良いものだったかも知れませんが現在の高気密工断熱施工の家に比べれば「暑い・寒い」家であることは間違いありません。新しい断熱基準の家を建てたり、太陽光発電や断熱リフォームを行うことで日本のエネルギー消費はかなり下がるはずです。皆様が新しい暮らしを始めるお手伝いをすることで少しでも環境に寄与できればと思います。

 

8成長・雇用(働きがいも経済成長も)

sdg_icon_08_ja

住宅産業が産業全体におよぼす経済影響はかなり大きなものです。家を新しくすると家電や家具、車まで新しくしたり、引越しもありますよね。また、雇用という面でも現在の日本の木工技術を伝えていくためにも安定した家づくりの供給が必要となります。日本の文化である大工技術の維持のためにもコミュニティビルダー協会では木造の家づくりを応援しています。

 

10不平等(人や国の不平等をなくそう)

sdg_icon_10_ja_2

現在の日本では障がい者の経済的自立がなかなか進まずにいます。私たちコミュニティビルダー協会では少しでも支援になればと家づくりのときに「まちかど障がい者アート」を採用していただくことで障がい者の自立応援を行っています。

 

11都市(住み続けられるまちづくりを)

sdg_icon_11_ja

まちづくりはそれぞれ皆さんの家づくりから始まります。持続可能なまちをつくるためにはまず高齢者がこどもが住みよいまち、家でなくてはなりません。バリアフリーを配慮した住宅や地震などの自然災害に耐えられる住宅であることは、その第一歩といえます。そして家そのものの構造が長持ちするものでなくてはなりません。コミュニティビルダー協会では長期優良住宅やバリアフリーの家づくりを広める運動を致します。

 

12生産・消費(つくる責任 つかう責任)

sdg_icon_12_ja

日本大切な資源である木材そして山林。これを守り維持していくためには国産材を使った家づくりが欠かせません。戦後に植えられた木々が60年生を越えて出荷を待っている状況です。これを適切に売ることが出来なければ新しい植林や下草刈りなどの手入れが出来ずに山の荒廃、そして土砂崩れを起こし災害を呼ぶことになってしまいます。コミュニティビルダー協会では木造の家づくり、特に国産材の家づくりを応援しています。

 

13気候変動(気候変動に具体的な対策を)

sdg_icon_13_ja

日本の家づくりにおいてはまだまだ外国産の木材を使うことが一般的です。もちろん、適切な伐採計画に従った木材を使用しているとは思いますが、なかなか生産地まで追って証明を確認することは難しいものです。万が一きちんとした伐採計画に則ったものでなければ森林の無計画伐採につながり気候変動を呼ぶことになりかねません。そういった意味でもコミュニティビルダー協会では国産材の家づくりを応援しています。

 

15陸上資源(陸の豊かさを守ろう)

sdg_icon_15_ja

日本の山林は既にその40%が植林された森です。手入れのゆきとどいた森は下草に陽が入り多様な生物をはぐくみます。しかし、手入れのされていない森は暗く陽が入らず植生がくずれ「森の砂漠化」を呼んでしまいます。結果として台風の折には木々は倒れ土石流ともに運ばれ、堰や橋を破壊します。また、砂漠化した森では山の動物たちは生きることができず、里に下りてきて畑を荒らしたり駆除されたりして結果として生物の多様性がなくなってしまいます。そうならないためにも適切な手入れができるようにコミュニティビルダー協会は国産材の利用と林業の維持のために木造の家づくりを応援したいと思います。

SNSセミナー

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑