株式会社スズモクの特徴、会社概要

家づくりで大切なこと

家をつくるということは、しあわせな家庭をつくり、家族を災害から守り続けるということです。
 
私は病気で父を早くに亡くしています。
その後様々な勉強をしていくうちに住宅と病気の関係、地域性にも気がつきました。
茨城県は寒い地域に比べても冬場の寒さ対策(断熱や暖房)が控えめなので、室内においては北海道よりも寒い生活をおくることも多いのです。
そのため室内の寒暖差によって脳梗塞や心疾患が理由でなくなる方のランキングで8位、9位と全国でも上位に来ています。
 
 
わたしは家族を守れない家は絶対につくってはいけないと心に誓いました。
 
 
□ 寒い家のせいで病気で倒れてしまう、そんな家をつくってはいけない。
□ シックハウスなど、健康で過ごせないような家はつくってはいけない。
□ 地震や火災に弱い家をつくってはいけない。
□ 共働きが増える中、防犯面で子供が安心して留守に出来ない家はつくっていけない。
□ 家事の時間を減らし、子供といっしょの時間を増やす工夫を積極的に取り入れなければいけない。
□ 腐食やシロアリ被害にあってしまうような家をつくってはいけない。
□ 住んでから光熱費や維持費がたくさんかかる家をつくってはいけない。
 
 
これは私がこの仕事で生きていく上での誓いになりました。

しあわせな家庭をつくり、家族を災害から守り続ける家をつくるために

スズモクではつくる家のすべてを
 
□ 長期優良住宅の認定取得
□ 火災に強く、保険金額も半分以下になる省令準耐火構造。
□ 断熱性能を最高ランクの「次世代省エネルギー基準」に。
□ 構造をひのきや無垢の木でつくり健康で長持ちする家にする。
□ 耐震性能も最高ランクとして、省令準耐火構造でつくり地震や火災につよくする。
□ 防犯上進入経路とされる窓をすべて防犯ガラス仕様に。
□ 子供といっしょの時間を増やすための家事がラクな装備を充実させる。
□ 腐食やシロアリ被害に強い「ひのき」で対応。
□ 省エネと限りなくメンテナンスフリーとなる家をつくる。
 
を標準採用しています。
 
 
 
【耐久性】無垢材 土台と柱はオールひのきの構造体
 
世界最古の木造建築物、法隆寺にはひのきを主に使用しており、1200年以上の歴史があります。
 安心して家を建てていただくためには最低限、建てた方が一生住み続けられる環境、耐久性が必要です。メンテナンスをさぼっても被害のあまりでない構造材は集成材でなく、「無垢材」、特に土台と柱は「オールひのき」にしています。シロアリにも強いのでより安心です。 
 構造材を無垢材でつくっていますので、集成材でつくった住宅よりも、接着剤のにおいなどもありません。シロアリの薬品メンテナンスも通常不要のため、『空気』もきれいです。
 
 
【耐震】地震に対する通常の1.5倍以上の強度(耐震等級3 最高ランク)
3.11をはじめ、地震の多いこの日本では耐震性能が高い方が安心です。スズモクでは『長期優良住宅の認定』を全棟取得し、耐震ランクは最高等級で通常の1.5倍以上の耐震力を予想や経験でなく、構造計算の上、指定機関の検査を受けて設計しています。
 
 
【エコ・省エネ】次世代省エネルギー基準(断熱性能)+遮熱 オール電化
オール電化で、次世代省エネルギー基準の断熱性能(断熱性能最高等級)が標準です。夏の暑さは断熱にプラスして遮熱施工がしてありますので、暑さの侵入が少なくエアコンの効きも抜群です。冬もLDKとトイレなど各部屋ごとの温度差が少なく、ヒートショックによる健康への心配も軽減できます。お風呂で服を脱いだり、朝布団から出るのも楽です。
 
【屋根】メンテナンスフリー 地震にも強い
三州陶器瓦+高性能フェルト、住まいにおいての基本として何年経とうが「雨漏り」の心配をさせてはいけないと思っています。陶器瓦に関しては再塗装の心配はほとんどいりません。
 
【基礎】 1.8倍の鉄筋を構造計算の上施工
どんなに丈夫な家をつくっても基礎がダメなら全て台無しです。長期優良住宅仕様の高耐久ベタ基礎を標準(普通のベタ基礎ではありません)。地盤沈下に対して布基礎をはるかに上回る強度を実現します。
 
 
【耐火災】 安全で火災保険が安く
標準で『省令準耐火構造』になっていますので、燃えにくく火事になりにくいということ以外にも、火災保険が半額以上も安くなるメリットがあります。施工部材の量もサイズも大きくなるため、通常のものより丈夫にもなります!
 
【サッシ・ガラス】 断熱性能も防犯性能、紫外線対策もOK
なんと1年に2回も泥棒が・・・。
はずかしいお話ですが、建て替え前の自宅に2回、どろぼうに入られています。盗難だけで済んだのが不幸中の幸いで、もし誰かが出くわしてしまったらと考えると怖いです。現場でも窓を割られ、部材を盗まれたことがあります。そんな経験もあり、窓についてはすべて、断熱(遮熱Low-E複層ガラス)にプラスして防犯ガラスがついています。お肌にもやさしい紫外線カット率100%のガラスが全棟全窓標準です。
サッシ枠もアルミと樹脂の複合サッシになっていて、結露がかなり起きにくく外部の耐候性も高いものになっています。
 
【水回り設備】
キッチンの仕様はオールスライド式キッチンw2550を標準で装備。対面式カウンター、食器棚も標準装備です。上部吊り戸棚の収納力をいかせるダウンウォール、調理のにおいをより強力に排出できるシロッコファンを標準装備なのです。しかもIHコンロですので安全でお掃除がとても簡単です。毎日の疲れをいやすお風呂には、1616サイズのユニットバスを採用。サーモフロアは床の冷たさをおさえ、サーモバスは浴槽のお湯の温度を保ち続けます。掃除がしやすい排水栓やタイル、浴室暖房乾燥機も標準でついています。トイレも超節水タイプで「エコ」の最先端のものです。1階、2階も標準でリモコン付きのシャワートイレがついています。洗面台も掃除がしやすく収納もたくさんあるタイプが標準になっています。
 
【その他装備】
オーダーカーテンやLED照明器具(全室)、録画機能と子機のついたインターホン、高性能エコキュートも標準です。その他にもバルコニー(4㎡まで)、物干し、クーラーコンセント全居室、TV配線全居室、ワイドホタルスイッチ、火災報知器、床下収納庫、天井点検口、雨水用浸透ます4カ所がついています。

現場を公開する

住宅のような高い買い物にはいろいろな不安がつきまとうと思います。
ですから、スズモクではつくる家のすべてを全て建築途中の全ての現場を公開することで手抜きのできない、誰に見られてもはずかしくない「見える家づくり」をおこなっています。
 
そして家をつくるのは「人」職人さんです。
「地元のいい職人・信頼できる業者さん」だけで 家づくりを進めています。
「信頼できる仲間」これは3代目として受け継いだ最高の宝物です。
 
信頼できる相談相手なのか、職人さんはどんな人なのか、実際にあなた自身の目で確認していただくのが一番いいことだと思います。

小さい会社だからこそ

大手住宅会社には展示場もあり、TVCMも流れている。
カタログも豪華でプレゼントもいっぱい。
しかも営業の方は毎日のように来てご機嫌を伺ってくれる。
 
比べれば、当社にはないものばかりです。
 
しかし、この費用は誰が払っているのでしょうか?
 普通の方が建てれないほど豪華な展示場、何千万円もかかるTVCM。
これは大手ハウスメーカーで家づくりをするあなたが払うお金です。
 
当社は小さな会社です。展示場も豪華なカタログもありません。
でもその分経費すべてをお客様の住まいに還元する家づくりをやっています。
 
私は一見のお客様のために多額のお金が使われることなく、ご契約いただいた方が一番得をする家づくりがしたいのです。

第3者機関による完全10年保証

いくら腕のいい職人さんであっても絶対にミスがない。そんなことはありえません。
どんな人であれ人間である以上ミス・失敗は付きものです。
 
ですから当社では第3者機関によるきびしい検査を受け、
欠陥やミスをなくし、お客様が安心して住めるよう『第3者機関による保証制度』を導入しています。
 
お引き渡し後には地盤・高品質住宅の保証書、詳しい調査書をお渡しします。

家を建てることで幸せになってもらいたい

あなたに幸せになってもらうこと、それが私の仕事です。
ですからお客様がご希望されていない営業活動などは一切行っておりません。
 
 
 私たちは実際に建てている現場の比較見学会や勉強会、またさまざまなガイドブックによって、
「家づくりに失敗しない正しい知識」を身につけていただき、
あなた自身の判断によって、すばらしい家づくりをしてもらいたいと考えています。
 
このホームページからも、無料で家づくりに役に立つガイドブックの請求ができるようになっています。
 
資料の請求をいただいたからといって、何度も電話をしたり、突然訪問するといった
営業スタイルはとっておりません。ご安心ください。
 
「スズモクさんでぜひ家を建ててください」
そういわれる会社を目指しています。
 
いつかあなたの幸せのお手伝いができることを、
あなたに会える日が来ることを楽しみにお待ちしております。

基本情報

 
企業名 株式会社スズモク
住所 〒306-0504
茨城県 坂東市 生子717-2
施工エリア 茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県
設立年 2008年
資本金 500万円
スタッフ数 5人
テーマ 木の家に住みたい 地震に強い高耐久の家 長期優良住宅・200年住宅 やっぱり"和"が好き 省エネ・エコを取り入れた家 自然素材が好き 収納にこだわりたい
このエントリーをはてなブックマークに追加