株式会社 鎌倉材木店の特徴、会社概要

鎌倉材木店 家づくりへのこだわり

家族の分だけ暮らし方があります。
それはつまり、「ひとつひとつの家族にふさわしい家」があるということです。
「パッケージ化された間取りや仕様に家族の暮らしをはめ込む」のではなく、「家族の暮らしに合う家」を1から作る。
しかも、本物の木をふんだんに使って、手間を惜しまずに丁寧に。
それが、長く愛着を持って住まえる家づくりにつながると、私たちは考えています。

木には、人の心をほっとさせる不思議な力があります。
私たちは、材木屋としての長い関わりの中で木と対話し、その魅力が存分に生きる家づくりにまい進してきました。
鎌倉の家の構造材は「本物の木」です。
本物の木とは「無垢材」のこと。
板を接着剤で張り合わせた集成材ではなく、本来の木の強さがそのまま生きる無垢材にこだわり、強度や健康面で、より「安心安全な住まい」をお届けします。

『木の家づくりのプロ』としてのこだわりを大切に、鎌倉材木店はお客様にご満足いただける住まいを追求します。

木にこだわる ~本物の木の家を次代へ伝えたい~

今や、木をほとんど使わなくても家が建つ時代となりました。
中も外も工業製品で作られた家が立ち並ぶ風景に、私たちはすっかり慣れてしまっています。
しかし本来、家は「商品」でなく、家族の大切な営みの場であり、くつろぎの場であるべきと考えます。
だからこそ、私たちは木にこだわります。
木は「日本の気候風土に一番適した素材」であり、健康な住まいに欠かせない存在だと考えているからです。

家づくりに使われる材木の種類は実に多様で、それぞれに特色があり、適した使い方があります。
例えば「鎌倉の家」の柱は、長野市の鬼無里や戸隠の山から切り出したスギを使います。
スギはその名の由来のとおり真直ぐに育つ木で、柱材に適しています。
自社で製材した、4寸角(12cm角)以上のスギの芯持ち材がお客様の住まいを支えます。
また、外壁や屋根の下地材、畳下などにもスギ板を使うなど、目にふれない部分にも無垢の木を生かしています。

「本物の木の家を次代へ伝えたい」
私たちの願いです。

本物の木はここがいい!

1.調湿機能・・・木は、室内の湿度が高いと空気中の水分を吸い、乾燥していると木材内部の水分を適度に放出します。木の家は「呼吸」しているのです。

2.断熱性・・・木は「空気を含んだ細胞の集まり」でできているため断熱性が高く、金属やコンクリート、タイルに比べて熱を伝えにくい性質があります。ちなみにコンクリートは木の約10倍、鉄は約500倍の熱伝導率(=熱の伝わりやすさ)とされています。

3.防蟻、防腐効果・・・土台に使う米ヒバ、柱や羽目板等に使うヒノキは、シロアリや湿気による腐れを防いで住まいを長持ちさせます。

4.身体にやさしい・・・夏は涼しく、冬は暖かく感じられる木のフローリングは、肌になじむ心地よさ。素足で歩きたくなる感触が大きな魅力です。木の表面の細かな凹凸が日射を適度に散らして、目への負担を軽減する働きも。

5.心にやさしい・・・樹木から発せられる香り成分のフィトンチッドには、自律神経に作用して血圧を下げ、脈拍を安定させる効果があるとされています。本物の木で造られた家は、心に安らぎをもたらします。

手仕事にこだわる ~人の手から生まれるものは、やさしく、温かく、ほっとする~

鎌倉の家は、構造材の継手や仕口(接合部分)を、熟練の大工による「手刻み」で刻んでいます。
今の住宅業界では、作業効率やコストパフォーマンスが最優先となっており、そのため設計データを元に機械で加工する「プレカット方式」の建築会社が大多数を占めています。
ですが、私たちは「大工の手仕事」にこだわります。

木がそなえる性質を最大限引き出すためには、「歴史と経験に裏づけられた大工の細やかな仕事が欠かせない」と考えるからです。
また、ご注文が多いオーダーメイドの木製建具や造り付けの家具も、職人の手でひとつひとつ丁寧に仕上げます。

木は、山から切り出され、製材されてもなお生きています。
木の一本一本、板の一枚一枚に個性があり、その個性を踏まえた手仕事が、「ごまかしのない、よい家づくり」を実現します。
なによりも、人の手から生まれるものは「やさしく、温かみがあり、人をほっとさせる」ものです。
「木の持ち味を最大限に引き出す、手仕事が生きる家」が本物の「木の家」であり、日本の住まいとして、ご家族の日々の営みの場として、一番ふさわしいと私たちは考えます。

性能にこだわる ~独自の工法で、次世代省エネ基準評定を取得~

家庭では、給湯、冷暖房、照明など様々なかたちでエネルギーを消費しています。
「エネルギー消費の無駄を減らすこと」は、環境負荷の低減と同時に家計への負担を軽くすることにもつながります。
私たちは、「長野の気候風土にふさわしく、お客様が心地よく安心して暮らせる省エネ住宅」を模索してきました。
その結果生まれたのが「シーズンレス工法」です。
シーズンレス工法は鎌倉材木店独自の高断熱・高気密仕様の住宅で、2001年に「次世代省エネ基準評定」を取得しました。
住宅の性能にこだわって、冬暖かく夏涼しい、快適で省エネ設計の住空間をお客様にご提供しています。

基本情報

 
企業名 株式会社 鎌倉材木店
住所 〒381-0024
長野県 長野市 南長池字村前39-5
施工エリア 長野県
設立年 1946年
資本金 4,500万円
スタッフ数 38人
テーマ 木の家に住みたい 長期優良住宅・200年住宅 素敵な外観の家 省エネ・エコを取り入れた家 自然素材が好き 高断熱・高気密がいい! 収納にこだわりたい インテリアにこだわりたい 設計デザインはおまかせ 子育て世代の住宅
このエントリーをはてなブックマークに追加