コミュニティービルダー協会は
「外務省Japan SDGs」「内閣府beyond2020」
の認定団体です。

工務店経営 消費税10%を好機に

公開日: : 最終更新日:2016/01/28 住宅営業, 工務店 集客

683906daf55d146518cf3390260a6cf7

消費税の10%アップが予定されている来年4月に向けて様々な予測が出ていますが

政府の予測では前回駆け込み需要がおきた2013年と同水準の需要があるのではないかと予測している。

しかし、各民間シンクタンクの見通しは先回の増税時に起きた駆け込み需要はおきず緩やかな上昇程度にとどまると

言うのが圧倒的におおい。

これは日本の世帯数や経済状況など勘案して前回の駆け込み需要が予測より良かったことと、増税後の各社の落ち込み

減少に対する対策も効果があり、更に消費者に選択肢が広がり中古住宅や分譲住宅そこからマンションなども

視野に入ってきている。そのような理由から一定の需要はあるものの緩やかな需要にとどまると考えることが

圧倒的におおい。

大手住宅メーカー

大手住宅メーカーはどう見ているのだろうか?というと「小雨」から「曇り」とやや悲観的な見方が大半を占める。

日本の世帯数のピークが2019年に予測されている中最後の山になるのは間違いないが

山といえる状況になるかどうか、という意見も多いがそれでも一定数の需要は見込みたいという声がおおい。

2013年の消費増税の状況

受注ありきで着工まで時間があるユーザーや連絡がおろそかになり契約後キャンセルになる物件が出た。

とにかくコマメにフォローしておく必要がありますね。

顧客にとっては一生に一回の高額な買い物だから、その原点を忘れないようにしておきたいものですね。

値引き合戦も多く繰り広げられる。

結果、収益がない物件になったり、その物件に限ってクレームが出てきたりするもの。

値引きは程ほどに・・・といっても一線で営業活動していると中々厄介なものというのは分かりつつ

対応しなければならない。それにはやはり「価値」をきちんと伝えることが必要。

施工ができない。職人不足

これは大工さんに限らず、付帯業者さんでも取り合いになる可能性もあるので

早めに施工日程を確保するためにも依頼は早いほうが良いですよ。

これはきちんと伝えておいたほうがいいでしょう。

それからやはり反動減は当然予測されるので、そこに対する対策も必要でしょう。

大手住宅メーカーでは土地や中古物件を仕込んだりしています。

分譲住宅であれば9月以降でも問題ないのでそこ持っていくことで反動減を最大限に留めた

いきさつがある。

またこれは日頃からであろうが、新規ユーザーさんの取り込みだけでなく既存客への対応も

日頃からキチンとしておきたいところだ。ある調査では新築した工務店にはリフォームを依頼しない。

という施主が過半数を越えているというのもある。

これなども新築したがそれ以降のアフターフォローをしっかりしていないということになり

施主からの紹介が少なく結局は新規の獲得を永遠にしなくては成らないという悪循環が生まれてしまう。

これを契機にお施主さん向けの内容をキチンと整備したいところだ。

気をつけたい追加工事

それから気をつけたいのが追加工事だ。期限をすぎれば当然10%になる。きちんと施主さんにも伝えておく必要がある。

これをしないといつまでも消費税分を会社で負担するという流れになり職人さんへの負担も出てきたりして

後々複雑な問題になっていくこともあるので要注意です。

一番は何度となくお施主さんに追加工事の時期などを明確に伝えておいてあげることで相当トラブルは防げそうです。

まとめ

消費増税は受注のチャンスでもありますが、当然通常とは違うこともおこりえますので

しっかりした対応が必要です。

まずは受注を挙げること、それからしっかり工事を行うことが何より大事に成って来ます。

営業で言えば先に挙げたような早期のクロージングが大ですね。

工程確保ということも追い風になってきますのでよく伝えることが大事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

untitled

工務店経営に追い風 中古住宅リフォームに補助金制度

2016/08/25 |

工務店経営に追い風 中古住宅リフォームに補助金制度 国光省 プレスリリース 国土交通省は24...

記事を読む

スクリーンショット 2015-07-13 17.01.40

住宅営業講座 その3 

2015/12/04 |

朝のコーヒーは美味しいですね。私は朝2杯飲みます。飲みすぎですかね(笑) 住宅営業講座その3 ...

記事を読む

guruguru

木づかい運動 工務店の環境貢献事業へ

2016/04/11 |

木づかい運動 木づかい運動ってご存知でしょうか? 京都議定書第一約束期間(2008年から...

記事を読む

topimg_original

住宅会社の新人営業さんがすべきこと

2019/04/05 |

今日はこの1,2週間の中でも暖かったですね! ただ、私の住む千葉県の東京湾側はものすご...

記事を読む

Message

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑