地域産材(組手什)とラッシュ(自然化粧品)

公開日: : 工務店, 社会

コミュニティビルダーブログ

地域産材(組手什)とラッシュ(自然化粧品)

 

皆さんは【組手什】て知っていますか?

東急ハンズなんかでも販売され始めたので、知っている人もいるかもしれませんね。

70f5906ebf73057d1a3cb3798d0f724f-1

こんな形の国産の間伐材から作られた家具用ユニットなんです。

こんな感じで組み合わせて家具をつくります。

7805fdc887f3dab1e2681d8618e44ae5-1

item-13

 

そもそもは障子の組子なんかに使われている日本人おなじみの技法を利用されています。

 

組手什に秘められた想い

 

これをつくったのは『賀露おやじの会』という鳥取県のNPO法人なんです。

以下、設立の経緯

会は1997年に子供会活動での「科学遊び広場」の開催をきっかけとして賀露小学校保護者の父親を中心に集まり、毎年数回、遊びを通した科学実験教室などを開催していました。会員の職業は、大工、造船業、鉄工業、漁業など様々で、それぞれの職能、技能を活かした活動を行っていました。また、活動にあたっては、地域の企業、団体、自治会、賀露小学校、賀露小教育振興会などが連携することが重要であると考え、その橋渡し役として努力してきました。

この活動は、賀露のみにとどまらず地域の大学の協力を得ることにより地区外での環境教育や学習活動へと広がりました。ここに至り私たちは、その活動や地域への思いを広く市民や県民に発信し、共に考え行動していくことが重要であることを知りました。

地域住民はもちろん、志を同じくする多くの人たちと共にさらに幅広い活動へと発展させるために2002年1月に特定非営利活動法人(NPO)として組織を設立した。のです。

 

賀露地区は鳥取市内にあります。鳥取市というのは北に鳥取港と南に中国山地と、とても自然に恵まれた地域なのですが、最近では野積みされた土砂や造られたコンクリートが目に付いているのだそうです。

 

そしてこの会が鳥取の海と山を考えたときに、

の恵みは山の恵みからうまれるもの。でも、山は木が売れずに手入れすることも難しくなっている。これをなんとかしたい。」

という想いが生まれました。

そこで、間伐材を有効利用しこどもでも作ることのできる知育玩具や家具ユニットとして販売しよう!となったんだそうです。

 

僕も仲良くさせていただいているソーラーシェアリングで有名な高澤さんからの紹介で、東京で組手什の普及にがんばっている小野田さんと最近お会いさせていただいて知ったのです。

 

しかも、この組手什は鳥取だけで独占するのではなく、日本中の地域産材ががんばる手助けにしたい、との素晴らしい想いに共感しました。そこで、以前からお付き合いのあるラッシュジャパンさんとのコラボに結び付けたんです。

 

ラッシュ(ジャパン)を知らない方へ

 

女性は結構知っている方が多いと思います。

FireShot Capture 33 - I 自然派化粧品・石鹸をお探しならラッシュ - Lush Fresh Handmade Cosme_ - https___jn.lush.com_shops

自然由来のものだけでつくる化粧品を取り扱っている英国生まれのお店です。

といっても現在では世界中に600を超えるお店がある企業なんです。

動物愛護や環境問題に関心が高く、チャリティなんかも数多くしています。

 

今回僕たちは、成田市にあるイオンモール成田店さんと、モール内にある広場で子供連れのファミリーむけに組手什を知ってもらおうとコラボイベントを行ったのです。

↓そのときの様子をTwitterで実況したものです。

FireShot Capture 34 - 浄法寺亘@国産材利用・弓道・世界史(@grex_joe)さん I Twitter - https___twitter.com_grex_joe

FireShot Capture 35 - 浄法寺亘@国産材利用・弓道・世界史(@grex_joe)さん I Twitter - https___twitter.com_grex_joe

奥のエプロンしているおじさんが小野田さん

 

DFO8QUTU0AQSVAe

後ろのDJブースにいたラジオ成田のスタッフさんと小野田さんとラッシュの方と記念撮影!

 

いま、日本中の山林で材料として使われるのを待っている樹木はおおよそ1800万軒分にもなります。

過去、安い外国材に押されて急激に使われなくなってしまいました。

そのため、山を手入れすることがむずかしくなり、山が荒れ始めています。

cdba50e98dab553df383dd80aeb7b6b8

こうなってしまうと、山は降った雨を保持することができなくなっていきます。

環境が悪化し小さな生物(リスなど)は生きていけなくなります。

 

しかし現在では外国材と国産材の価格差はわずかなものになっています。

家1軒で10万円も違いません。それを一般の人も工務店さんも知らないことが多いです。

 

伐採時期にきている全ての木をいっぺんに使うことは難しいかもしれませんが、

 

一般の皆さんも含めて関心をもち、

 

こどもたちが木に親しめば

 

きっと豊かな山林と日本の優れた木の住文化を残せると

 

僕たちは活動を続けていきます。

 

 

記事 コミュニティビルダー協会理事 浄法寺

 

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

800px-Meister_des_Porträts_des_Jean_le_Bon_001

世界史に学ぶ 諦めない心パートⅡ

2017/09/19 |

以前投稿した「世界史に学ぶ 諦めない心パートⅠ」の続きになります。 世界史のトホホな人たちの中...

記事を読む

CB

工務店は地域のサービス業になれるか?

2015/02/07 |

工務店が扱う新築やリフォームは高額な商品ですよね。 しかし工事が完了して大変満足している。と答える...

記事を読む

スコット H26.6_01

工務店経営 目指すところ

2015/12/29 |

工務店 経営で目指すところ 上の表では4つのセイコウがあります。一番良い状態が成光としています...

記事を読む

DSCN1393

コミュニティビルダー協会ブログ ~3月前半の気になったニュースか

2017/03/23 |

コミュニティビルダー協会ブログ ~3月前半の気になったニュースから   吉野...

記事を読む

SNSセミナー

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑