コミュニティービルダー協会は
「外務省Japan SDGs」「内閣府beyond2020」
の認定団体です。

世界史に学ぶ 諦めない心パートⅢ

公開日: : 最終更新日:2017/10/30 日々徒然草, 社会

以前投稿した「世界史に学ぶ 諦めない心パートⅡ」の続きになります。

世界史のトホホな人たちの中でも、ベスト・オブ・トホホといえば

『皇帝(王)なのに敵の捕虜になってしまった!』

何人かだと思います。

そんな人たちだからこそ人生の参考になる場合もありますので

引き続きご紹介したいと思います。

5.明の皇帝 英宗(正統帝)

…明朝は中国の王朝でモンゴルの建てた「元」を中国から追い出し

久しぶりに漢民族の建てた王朝になります。始祖の朱元璋は貧農で

凶作によって家族を失った孤児から皇帝に上り詰めた、世界史の中でも

もっとも成り上がった人物としてちょっと有名です。

そのせいか猜疑心が強く、創業の功臣をバンバン殺しまくったので

明朝は皇帝に権力が集中しすぎる体制となりました。

皇帝が優秀ならよいのですが・・・

 

さて、英宗は1435年、明の第6代皇帝として9歳で即位しました。

明英宗

英宗の肖像画です。

 

ダウンロード (1)

台湾のドラマではこうなっていました

 

即位した頃は有能な官僚が残っていたのですが、成人の頃にはその人たちが

亡くなったり隠居したりしてしまい、残ったのは英宗の家庭教師だった

宦官の王振でした。もう、宦官というだけでいやな予感がしますが

やっぱりこの王振も権勢と蓄財が好きな輩でしたので、社会不安が増し

反乱が勃発するようになります。

 

このような情勢の中、中国北部のオイラート族が族長エセン・ハーンのもとで

力をつけてきます。

DJLws6_VAAAU6EP

エセン・ハーン(ドラマから)

 

当時の明は「朝貢制度」をとっていました。

朝貢と言うと一方的に貢物をするイメージが強いですけど

この場合は、

貢物をもってくる⇒官位と貢物の何倍~数十倍の返礼をする

というもの。

つまり

お金と権威を与えるから攻めてこないでね♪(このほうが軍費かからないし)

と言う制度です。

これにエセンは目をつけました。

朝貢の返礼は人数に応じてたので上限50人とされていたのに

エセン「1000人で行く」

明「ムリ」

エセン「でも行く」

明「」

エセン「今度は3,598人で行く」

※ここで過去人数を水増ししていたことがばれる

明「返礼は2割減で。約束していた婚礼もなしで!」

エセン「約束破った。略奪だー!」

ということで7月にエセンは3方面から明領に侵入をかけます。

 

国境の守備隊を難なく破ったエセン軍が迫ります。

ここで先ほど出てきた宦官の王振を総司令官として

なんと50万の兵が招集され20人の文官と多くの文官を率いて

英宗自ら出撃してしまいます。

2012102781

 

明軍が遠征している最中、運悪く豪雨が襲います。

とうぜん食料がぬれたりして輸送に支障をきたします。

まともな家臣が

「とりあえず戻りましょう」

と進言するのですが王振は言うことを聞きません。

堪忍できなくなった家臣が王振暗殺の計画を図りますが

残念ながら発覚してしまいます。

そうしているうちに別働隊が全滅したという報が王振に

入ります。ここにきてやっと分かったのか撤退を決めます。

ただこの時、王振が

「この進軍は勝利に終わった」

と宣言したので皆びっくりして腰を抜かしたそうです。

 

そんなこんなで行軍の途中でエセン軍に追いつかれてしまいました。

王振が水源に乏しい台地(土木堡)に布陣した上に、エセン軍が

近くの河川を占拠していたため明軍は飲料水不足に陥ります。

当然、明軍内部は飢えもあるし王振派と反王振派に分裂してるはで

エセン軍が包囲攻撃をしてきた時には兵士の半数が戦死、

随行していた文武百官も数人を除いて戦死、

英宗も捕虜になってしまいました。

中国の長~い歴史上でも「野戦で捕虜になった皇帝」は

英宗ただ一人です。

 

やっと本題に入りましたね。

 

この後、英宗はどうなったか?

 

エセンは明の朝廷に身代金を要求します。

しかし、北京の朝廷に残っていた軍官僚の于謙は、身代金の支払を拒絶

7fa41e03

英宗はこんな気持ちだったでしょうね

 

彼は皇帝の命よりも国家の運命が重要と考えましたし、また身代金を支払えば

オイラト軍の士気を高め、明軍の士気を落とすと判断したからです。

そして、すばやく英宗の弟を景泰帝として即位させました。

これで英宗は過去の皇帝になってしまいました。といって殺したら

エセンの切り札ではなくなってしまいます。

 

ということでエセンは再び侵攻して北京を包囲します。

愚かな上層部が一掃されたおかげか明側は賢明にも篭城します。

于謙は、オイラートの経済は朝貢貿易に頼っており、中国全土を

ひっくり返すほどの力も長期戦をする力もないし、明との関係を

切ることができないことも見切っていたのです。

 

エセンは5日間の包囲の末引き上げ、身代金を諦めざるをえませんでした。

英宗はどうなったか?エセン軍と一緒に北方に連れてかれてしまいました。

ここで明側はエセンの周辺の有力者と朝貢貿易を部分的に再開しました。

いやらしいですね~。

当然エセンは焦るわけで、英宗を殺しても明側に悪印象を残すだけなので

英宗を無条件で釈放することしました。

 

やった!北京に戻れる!

と英宗は喜んだとは思うのですが、北京には自分の弟は既に皇帝として

即位しています。なんていうか微妙な雰囲気ですよね。

捕虜になって迷惑かけてるし・・・。

img_0

帰ったらこんな感じですかね…

 

上皇としての名前はありますが政治的影響力はなくなり、

事実上の監禁状態におかれます。

しかも、英宗の子供を次の皇帝にする、という約束も反故にされてしまいます。

このまま、朽ち果てていくのか・・・

 

しかし、神様というか権力の魔物は英宗を見捨てませんでした。

弟の皇帝(景泰帝)が若くして病に倒れるのと同時にクーデターがおき

国を救って権力を得た于謙ら景泰帝派の重臣は粛清され、景泰帝も同年に亡くなり

なんと再度皇帝に返り咲くのです!

 

まあこの後もクーデターおこした重臣が調子に乗りすぎたので失脚させたり

その弟が再びクーデターを起こしたり(失敗しました)と苦労が絶えず

38歳の若さでなくなりました。

皇帝崩御時の殉葬の禁止とか

先の皇帝の命令で監禁されていた皇族を釈放とか

基本的には優しい人だったようです。

 

教訓

「その時に自分に力がなくても周りの状況で好転することもある」

といったところでしょうか。人生って不思議ですね。

 

 

記事 コミュニティビルダー協会理事 浄法寺

 

 

 

 

 

 

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

no image

6月上旬の建築関連ニュース

2019/06/22 |

梅雨入りしたものの雨もそれほど多くもなくこのままだと空梅雨で終わってしまいそうですね。 この6...

記事を読む

懐かしいですね

消費増税決定と増税対策

2018/10/22 |

先日、2019年10月の消費税増税(8%→10%)閣議決定されましたね。 僕が小さかったころは...

記事を読む

images

9月の建築関連トピックスから

2018/09/27 |

ことしは近年では珍しく残暑が続かず 秋らしい天気になっていますね。 大阪周辺は台風の影響...

記事を読む

hydration_report1_img_07_pc

暑い日の水分補給について

2018/07/22 |

とんでもなく暑い日が続いておりますが 皆様お体のほうは大丈夫でしょうか? 特に現場でもま...

記事を読む

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑