コミュニティービルダー協会は
「外務省Japan SDGs」「内閣府beyond2020」
の認定団体です。

工務店 経営 林野庁の補正予算について電話で直接聞いてみました。

公開日: : 最終更新日:2020/06/18 工務店, 工務店 集客, 社会

 

FireShot Capture 629 - 林野庁ホームページ - www.rinya.maff.go.jp

みなさんこんにちは
一般社団法人コミュニティビルダー協会の
浄法寺です

今回は私のほうでYoutubeにもあげているニュースをお届けします。

もし、読むより聞くほうが良いと言うかたはYoutubeで聞きながらお仕事をしていただければと思います。

先日、農林水産省というか林野庁で令和2年度の補正予算が通ったという記事が出ていました。

実際に私たちというか住宅建築および建設ですよね。
そう言ったところで

『どういう関係があるのか』

ということを思われると思うんですが、ちょっと関係するところがありましたので簡単に解説したいと思います。

今回のですね補正予算のところではいくつか項目があるんですが、

森林整備とか

あとは緑の雇用って言ってやっぱり森林関係なんですけども

林業に従事する人たちを新しく募集したりとか育成したりとか

そういったところの助成であるとかがメインなんです。

けれども、今回私がちょっと建築や工務店さんに関係すると思ったのは

『合板製材集成材国際競争力強化輸出促進対策』

という中にあるものなんですね。

国際力強化とかうちらに関係ないじゃないかっていう風に思われると思うんですけど、一見関係なさそうな中にですね、ちょっと関係するものがあったりするんです。

実際この対策の中には大まかに分けて3つありまして

1つ目は合板とか製材とかまあ集成材とかこういったところの流通の施設の整備とかあと原木を切り出すのに道をつくったりすることの助成。

2つ目に
『木材製品の消費拡大対策等』
っていうのがあるんですね。ここがちょっと関係するところです。
ここをちょっと読むと

『非住宅分野等の外構等も含めた木造化木質化を推進します』

また

『輸出に向けた付加価値の高い木材製品、きのこ等の生産施設整備活動等を支援します』

このほか

『林業経営体の経営力の向上や労働安全衛生対策の強化の取り組み林業分野における新技術実証のための取り組みを支援します。』

とこういう風になってて予算としては30億ぐらいついているんです。

この中の

『非住宅分野等の外交部も含めた木造化木質化の推進します』

というこの辺がちょっと工務店さんの営業に関係するところなんですね。

それでホームページをくまなく見たのですが、

『どんな材料を使う』

とか

『1件あたりどのくらいの助成がでるのか』

といった具体的な内容が見つからなかったので…

午後7時過ぎでしたが林野庁さんに電話で聞きました。

※電凸ともいいますね。

結論として

 

『まだ明文化されてない』

 

とのことでした。
現時点で分かっている内容として

1つ目はCLTです。CLTを非住宅、老人ホームとか施設であるとか店舗とかに使う場合。
2つ目はJAS製材です。皆さん結構あまり使われてないということで有名なJAS製材なんですけど…。
3つ目が外構です。非住宅の外構に木材を使った場合

21_img_2

これらを助成しますよということなんです。

こちらのですね3つ目の外構、木塀とかそういったところに木材を使った助成しますよという、これが一般的な建築業者、工務店さんにとっては営業に関係のある所かな思います。

昨年の台風でブロック塀が倒れたりとか、そういうのがありましたので、木を使いましょうという機運がちょっと出ていますよね。
そこに国としてはやっぱり国産材を使ってほしいという思惑がすごくあります。
私個人としてはいいことだなと思ってます。ウッドチェンジ!!です。

今のところ全国の森林組合ですねこちらが手続きを行うみたいなんですけれども、詳しいとこはまだ決まってません。
例えばどこの材料を使ったらとか、どこのくらい使ったらどのぐらいの助成が出るとかそのへんのところはまだ決まってなくて、6月ぐらいをめどにまあ内容が決まって発表されるって言うようなことだそうです。
令和元年度の予算なんですけれども…過ぎてるんですけどね3月までですから。
まあそれでもまあそういうのが国の予算というものかなと思います。

それがまた決まってきたら、ちょっと報告したいと思います。

いずれにしてもまぁ国産材をもっと間伐材とかも含めて利用を増やして循環が回っていくって言うようにしていきたいですね。
というのはすごく私たちコミュニティビルダー協会としては目指すところの一つではありますのでこういった施策なんかもこれから見てニュースに取り上げていきたいと思っております。

 

記事 コミュニティービルダー協会 浄法寺

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

131020_ep00

工務店経営 ポストコロナ後ではオンライン相談とソーシャルメディア

2020/06/15 |

ポストコロナ後ではオンライン相談とソーシャルメディアが欠かせない   お元気で...

記事を読む

工務店 経営 489万円の平屋

2020/06/20 |

今週、私が目にしました記事と言いますかプレスリリースで 『徳島・香川の住宅不動産ショッ...

記事を読む

yukawa160513-thumb-720xauto

住宅営業のAI化 AIに負けない営業とは

2017/10/30 |

住宅営業のAI化 AIに負けない営業とは 秋も深まるかと思いきや、また台風が続けざまに来て...

記事を読む

FireShot Capture 102 -  - http___www.rinya.maff.go.jp_j_rinsei_yosankesan_attach_pdf_28-2hosei-11

コミュニティビルダー協会コラム 林野庁の地域木材利用拡大策(平成

2016/09/08 |

コミュニティビルダーを応援するコミュニティビルダー協会の浄法寺です。 地域産材について林野庁の...

記事を読む

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑