アズマハウス株式会社の評判、評価、口コミや価格(坪単価)等の情報が見られる
アズマハウス株式会社の企業特徴ページ


アズマハウス株式会社の特徴、会社概要

アズマハウスが選ばれる5つの秘密

①安くていい家ができる。
アズマハウスでは、外構工事や照明などがついた完全フル装備住宅が、坪単価39.8万からで出来るシリーズ「美しい家」があります。
もちろん完全自由設計・注文住宅の長期優良住宅です。
和歌山で一番多く家を建てていることで、資材の大量仕入れと毎月平均して発注するためアズマハウスではコストダウンが可能なのです。

②地震に強い家ができる。
和歌山は地震が多いところです。だから、建物を建てる時には地震対策が必要です。
アズマハウスの家は、地震のたびに揺れを最大70%抑える最先端制震システム「ジーバ」を標準搭載しています。
長く継続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物を守ります。

もちろん地盤が悪ければ建物が丈夫でも被害は発生します。 
そこでアズマハウスでは、新しい地盤改良方式「ハイスピード工法(天然砕石パイル工法)」を、和歌山で唯一導入しています。

③快適に暮らせる家ができる。
和歌山は高温多湿の気候なので、夏涼しく冬暖かい暮らしのためには、建物の断熱性と気密性が必要です。 
いろいろな工法の中からアズマハウスが採用したのは、アクアフォームです。現場で吹付けて発砲させる工法なので、すき間なく施工できます。

④安心して暮らせる家ができる。
『建てて売って終わり』、そんな建設会社が多い中、アズマハウスは和歌山のお客様にずっと良い暮らしをしていただくために頑張っております。
工事中は第三者機関による検査を3回、厳しい検査基準を設けた社内検査を15回、お施主様に立ち会っていただく検査を3回実施しています。
 

お引き渡ししてからは、最長10年の保証、4回の定期点検・無料点検システム、5年間の無料メンテナンスなどアズマハウス独自のサービスを行い、安心できる品質の住まいを提供しています。
そして最も重要な事が、アズマハウスの信頼性。 財務健全性は業界トップクラス。
創業40年の実績と更に東証ジャスダック上場企業としての信頼性があります。

⑤後悔しないかしこい選択ができる。
「土地を売るときはまずアズマハウスに相談しよう」

こんな話が地主さんや不動産業者さんの間で有名です。
良い土地は、まずアズマハウスに集まります。 だから不動産取引もNo.1なのです。
土地からお探しの方は、まずアズマハウスにご相談ください。
どの会社も「自社の家が一番良い。価格も1番安い」と言いますが、他社の図面・見積書などをアズマハウスに持ってきていただければすぐに、当社ならいくらで出来るか見積りさせていただきます。 

家は一生に一度の買い物です。
一度アズマハウスで比べてから契約しても遅くないはずです。

安心を支える構造

家族が違えば、家族構成もライフスタイルも将来設計もさまざまなように、住まいに求めるものも違ってきます。
アズマハウスの建てる家は、そんな家族ごとに異なる住まいへの夢やこだわりに応える自由設計の家です。
そして、それはたしかな「技術」、たしかな「性能」の裏付けがあるからこそ、形にできることでもあります。
伝統が育んだ匠の技に、高精度機械加工構造材の採用、耐久性を高める結露対策、大地震を想定した緻密な耐震設計、省エネで環境問題に寄与する高い断熱性能、健康を守るシックハウス対策など、先進のテクノロジーをふんだんにそそぎ込み、夢をしっかりと形に変えます。

<基礎>
■オーガニック地盤保証 BIOS(30年保証)
外壁のひび割れや開口部の不具合などは地盤の不同沈下が原因となっていることが多く住宅の耐久性を著しく損ねる原因となります。
当社ではスウェーデン式地盤調査を行い、適切な地盤補強工事(30年保証・保険付)を行うことで、安心してお住み頂けます。

■高耐久・高耐震の全面基礎
床下全体に鉄筋と防湿シートをはりめぐらせた鉄筋コンクリート造全面基礎は立上り40cm以上(弾性アクリルシリコン仕上げ)で、不同沈下が起りにくく、湿気を防ぎ強固な住宅建築にします。

<構造>
■屋根・床・壁には、高強度な金物を使用

地震力、風圧力に対する必要壁量の計算に基づいて(旧)建設省告示による耐震補強金物及びホールダウン金物を使用し基礎・土台・柱を連結することで、引抜き応力を強化することにより安全性を高めています。

■鋼製束
床下の床束には(旧)建設大臣認定の鋼製束を採用。
木材のように痩せず、床鳴りを防ぎ腐ることもなく白アリもシャットアウトします。

■1階2階剛性床工法
床には床面を構造用合板でがっちりと固定し、一体化させた剛性床を採用。

■ハイブリッド工法
4寸角の隅柱・通し柱と梁でしっかりと軸組を築き、さらに床・外壁を構造用合板で一体化した面構造により高耐震・高耐久な住まいを実現します。

■選び抜かれた高精度・高耐久の良材
柱には通常の木材よりも1.5倍の強度を持つエンジニアリングウッドを採用。
木やせ、割れ、狂いが非常に少なく建築後も安心してお住み頂けます。
また桁・梁には乾燥構造材のスーパーKD材を採用。収縮や変形が少なく長期的に安定した構造を保てます。さらに耐久性及び強度が1.4倍ある桧1等を使用しています。

気持ちよく住んでいただくためのテクノロジー

■基礎パッキング工法
全周スリット換気方法の基礎パッキング工法は、従来工法の換気性能の2倍以上、耐震性は3倍以上で、床下を常に乾燥させ湿気から家を守ります。

またコンクリート布基礎にとって最大の弱点とされる立ち上がり部分の開口欠損をなくし、構造耐力を飛躍的に向上させることにより基礎コンクリートにクラックが発生しにくいので家を丈夫なまま長持ちさせます。
■棟換気・外壁通気工法
高気密・高断熱住宅で心配なのが「結露」です。
棟換気・外壁通気工法は壁体内部に空気の通り道をつくり湿気をスムーズに屋外へ放出し壁体内部の結露を防止します。
また湿気だけでなく熱気も放出しますので断熱効果も得られます。

■制震システム【ジーバ】 地震エネルギー吸収システム
制振GVAは今後起こるであろう巨大地震に備えて、大切な家族と家を守るための最先端テクノロジーで、ご家族と住まいを包み込んで優しく守ります。
①揺れを最大70%抑えます。
②長く継続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物を守ります。
③大地震後の補修費用を大幅に軽減します。

■アクアフォーム
水から生まれた画期的な断熱材「アクアフォーム」は住居の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう吹き付け発砲ウレタンフォーム断熱です。
グラスウールの1.5倍以上の断熱効果と湿気を侵入させないため、躯体内の結露を防止し、建物の耐久性を高めます。

・バリアフリー住宅
お子様や高齢者のことを考え屋内でのつまづき事故の回避や不自由を感じさせないように室内外の床の段差をなくし、上がり下がりしやすい手摺付階段を採用したバリアフリー仕様。
家族全員にとってもやさしく、くらしやすい生活を提供するためのさりげない配慮を随所に採用しています。

・シックハウス対策(VOC対策)
壁クロスの施工にはゼロホルマリンの接着剤を使用。
室内ドア・フロアーにも塩化水素ガスの発生のおそれのない非塩ビ樹脂を用いた環境にやさしい壁紙クロスやホルムアルデヒド放散量が公的規格で最高のFCo.Eoレベルの建材を使用するなどご家族の健康に配慮しています。

スーパーエコシステムを標準仕様

空気の入れ替えが行われない空間に長時間在室することは、人の体にとって好ましくありません。
呼吸により二酸化炭素を、また水蒸気や熱、体臭などを常に発していることで室内空気環境は刻々と汚れていきます。
また建材に含まれるホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエンなどの有害物質は人体に悪影響を及ぼし、シックハウス症候群の原因物質として知られています。

24時間全熱交換型換気システムは、冷暖房で快適な温度に保たれた室温を回収しながら空気を入れ替えます。
夏には温湿度の交換で蒸し暑さを防止、冬は過乾燥を防止して室内空間を快適にします。

<特徴>
・床面排気で臭気を巻き上げず、快適生活
・床下まで換気
・床下設置で気になる音の問題も解決
・2層構造のフィルターでPM2.5を98%以上、花粉を99.8%除去!
・スイッチパネルがわかりやすい
・外に開ける通気口が2箇所だけだから景観を損なわずメンテナンスが楽!

ご挨拶

当社は、住まいをはじめとする『住空間』にかかわる全てを事業領域としております。
公正な競争を通じて付加価値を創出し、雇用を生み出すなど経済社会の発展を担うとともに「全てはお客様のために」をキーワードに顧客満足度ナンバー1企業を目指し、全社一丸となって取り組んでおります。
アズマハウスがお客様の幸せな家づくりをしっかりサポートいたしますので注文住宅をご検討の方はお気軽にご相談ください。
代表取締役 東 行男

基本情報

企業名 アズマハウス株式会社
住所 〒640-8341
和歌山県 和歌山市 黒田1-2-17-3F
施工エリア 和歌山県
設立年 1977年
資本金 59,676万円
スタッフ数 191人
テーマ 地震に強い高耐久の家 長期優良住宅・200年住宅 素敵な外観の家 高断熱・高気密がいい! 介護バリアフリーを取り入れたい
このエントリーをはてなブックマークに追加

アズマハウス株式会社への
資料請求はココをクリックして資料取り寄せカートへ保存

アズマハウス株式会社へ匿名で質問してみる

質問 投稿日

この会社を見た人はこちらの会社も見ています

0

お取り寄せカートを見る 資料を取り寄せる

ページのトップに戻る