アドバンストホーム株式会社の特徴、会社概要

すべてはいい住まいのために

エコの家
地熱の恒温性状を利用した、夏涼しく冬暖かな換気装置。
蓄熱効率の高い床暖房装置(省電力、遠赤外線鉱石−珪藻土タイル)
 
シックハウスのない家
木炭の化学と銅イオンを組み合わせた防臭、抗菌、換気システム。
木炭を外壁に圧入、化学物質を吸収、放出する家。
電磁波を吸収する家地下に木炭を埋設して、マイナスイオンを
高める家づくりです。
 
小さくても住みよい家、ライフステージに合わせて創る家
住宅の規模自体は縮小傾向にありながら、生活空間を豊かにする技法として、
オープンプランニングが支配的になりました。寝室以外の空間は間仕切りの
ない空間として計画し、その広い空間をインテリアデザインによって主要な
行為を豊かに行うことのできる演出が施されるようになってきました。

住まいへのこだわり

住まいに対する建築材料、建物の構造、工法の多様化など住まいの変化によって、
私たちの生活は便利で快適になると同時に、
住環境に関係する新しい問題が発生してきました。
アレルギー疾患/化学物質過敏症/シックハウス症候群/
環境ホルモン/電磁波障害汚染
このような住空間の室内空気汚染は、住環境に対する安全性や、保健性という観点が
欠如していたことによって引き起こされてしまいました。
こうして新しい工法や建材が取り入れられて、住宅の様式が多様化していくなかで、
施工方法は迅速・簡便になり、経済効率がよく、断熱性・機密性に優れた住宅が普及しました。
しかし家造りの方法が変遷していくなかで、新潜在の普及によるVOCの問題や、湿気対策・
喚起対策を怠ってしまったための結露の問題など、新たな室内環境の悪化が
引き起こされてしまうようになりました。
 
☆ スリランカ産高品質ヤシ殻活性炭(UES社製)を使用しています。
☆ 床暖房(岩盤浴)ブラックシリカは採掘元の厳選された鉱石を使用しています。
☆ 活炭の家は2つの特許と1つの実用新案を登録しています。当工法使用のときはご相談下さい

工法へのこだわり

大断面架構工法
3.6M×4.5Mで大スパンの骨太グリッドで、大きな住空間を作ることができます。床及び天井を先組みして、
間仕切りをパーティションし化しライフステージの変化に合わせてリモデルも容易に出来ます。また、
半地下構造なので、設備などの機能や性能も時代に合わせて快適なものにできます。
次世代に引き継ぐ、恒久的な資産価値を高める住宅となります。
 
パネルコンストラクション(壁パネル特許2008−7683)
施工生産性の工場によって最短30日工期で完工します。
最新の機械加工を使用して工場で出来るものは全て、工場作製して生産性を高め、製品の性能UPと現場での
作業を少なくして作業効率を高めることができます。
建て方からサッシ取り付け、屋根葺きまで3、4日で完工しますので、建物を濡らしたりすることはありません。
(冬期施工も安心して進めることができます)
生産手順でのムリムダを無くして施工を標準化・省力化して、各工程を最短のネットワークを結んでコストを削減します。

住み心地の追求

パネル型ヒーター(実用新案登録第3156709号)
蓄熱遠赤パネル内部に銅カートリッジを組み込み、熱伝導及び蒸気加湿機能、
銅イオン発生による抗菌効果を提供する。
シリカと珪藻土タイル、プラス銅カートリッジで加湿機能と抗菌効果
 
床暖房と壁埋め込み暖房
遠赤外線蓄熱床暖房パネルを床及び壁内部に埋め込み暖房スペースを開放できる。
加湿器は常に清潔でなければ雑菌が繁殖して加湿器から放出され、気管支喘息やアレルギーの原因となるので注意が必要である。
パネルが構成する銅カートリッジと珪藻土タイルの持つ蒸気加湿湿度調湿機能と銅イオンによる抗菌効果でダニやカビを防止します。
床暖房を岩盤浴として家族の団らんの場所に体温を1度あげると、免疫力が5倍になると言われています。韓国にはオンドル、
フィンランドではどこの家にもサウナがあるように、健康を大切にした北国の文化としてご提案します。今まで岩盤浴で難しかった
蒸気加湿機能もプラス、発汗がしやすくなりました。また、もう一つ課題であった防臭、抗菌、ダニやカビも銅イオン効果で解消できます。
*次年度以降、化石燃料には環境税が予定されています。シリカ蓄熱遠赤外暖房機は通電率25%の省エネルギーです。
機械乾燥は長時間高温で乾燥させることで不飽和脂肪酸の二重結合が進み、酸化や脂やけを起こし悪臭を発し、身体に良くない脂に変わります。魚の脂肪はEPAやDHAを含む良質な脂肪で、健康に大切な脂質であるので、乾燥時には、融点を低くするなどの酸化の安定が求められます。また、上乾きによって内部に熱が伝わらなくなり、残存水分が多くなるので、魚体内部の水分を拡散する為の時間をとる必要が出てきます。このため、乾燥を停止して表面温度をあげないようにしなければなりません。この課題を解決する方法として、カートリッジでイオン化した加湿蒸気を、珪藻土タイルから放湿、珪藻土タイルとカートリッジ内部から放射する遠赤外線を低温(60度)で内部へ深達させ、上乾きを防止します。また、銅イオン効果で、ノロウィルス、O-157、大腸菌などに抗菌します。酸化剤などを使用することなく、安心で安全な食品を提供することができます。
 
カーボン・ネットワークシステム
きれい空気(特許第4439028号)
地中の熱エネルギーを利用して、夏涼しく冬暖かな省エネ換気装置。埋炭工法で花粉などをシャットアウトし、マイナスイオン、
銅イオンを形成して空気を浄化します。
 
きれい水(特許出願)
飲料水からお風呂まで半地下に設置した300L浄水装置。備長炭で塩素をとって弱アルカリの水をつくります。
また、銅イオンの抗菌、防臭作用で安心安全な水をつくります。
 
BIB木炭ブレンド断熱工法(特許2008−4099283号)
木炭で家をすっぽり包み込んで、電磁波などストレスのない、安らぎの家をつくります。半気密、非防湿工法で、
臭いや化学物質を外部に放出、夏の外壁内部の逆転結露を防止します。
 
遠赤外線、調湿、床暖房システム(実用新案2009−7683)
加湿器を使用しないで暖房と一体化し、室内環境に応じて加湿蒸気を供給する省エネ型床暖房。 
体温を1度上げると免疫力が5倍になると言われています。また、化学物質過敏症の人は、汗が出にくいと言われています。
代謝を促進して脂肪組織内に蓄積された化学物質を皮膚から汗として排泄することが必要と言われています。
加湿機能によって汗が出やすくなりました。また、加湿時に銅イオンを形成しますので、インフルエンザやカビ、ダニに効果があります。
有機物を分解して防臭します。ご家族みんなで、家庭用岩盤浴としてご利用ください。
また、使用するPTCヒーターの特徴として、温度性能、自己制御特性、経年変化しないためにメンテナンスの心配が無く、
加えて、銅カートリッジの高熱電動と珪藻土タイルの蓄熱、遠赤外線効果によって、電力消費が少ない省エネルギー床暖房です。
 
化学物質を被覆する木炭塗料(特許2007−3924505)
化学物質を身体に吸収しないように木炭塗料でブロックする。電磁波を吸収する壁塗装(シリカブレンド)
アドバンスホームは工法から住み心地まで常に研究開発しています。
特許取得は住まいへの想いから研究した成果でもあります。
住まいのご相談は御気軽にお問い合わせください。
 

基本情報

企業名 アドバンストホーム株式会社
住所 〒094-0023
北海道 紋別市 元紋別7番地
施工エリア 北海道
設立年 2007年
資本金 335万円
スタッフ数 5人
テーマ 木の家に住みたい 省エネ・エコを取り入れた家 収納にこだわりたい
このエントリーをはてなブックマークに追加