【コラム】断捨離で空間のプチリノベ

公開日: : 最終更新日:2020/07/26 コラム

コロナ過の今だからこそ

2020年、時代は大きな転換期を迎えています。これまでも、甚大な災害は何らかの形で社会のあり方や考え方を変えてきました。この変化に対して、みなさんはどのように考え、行動しますか?
「動きたいように動けない」「予定していたことが変更になった」など、できないことばかりに視点を向けるのではなく、「今だからこそできることがある」と考えると、ワクワク楽しいことを見つけることができます。「ワクワク楽しいことなんてなかなか見つからない」そう感じる方がいたら、「断捨離」をしてみてはいかがでしょうか。
両手いっぱいにモノを持った状態では新しいモノを掴むことはできません。ひとつ手から離すと今まで想像できなかったワクワクに出会える。転換期だからこそ自分の身近な空間から見直してみましょう。

0720暮らしのコラム第3回入稿_ページ_1

断捨離とは?

断捨離というと、「捨てる」というイメージを強くお持ちの方が多いですが、そもそもの断捨離の由来は、ヨガの「断業」「捨業」「離業」という3つの考え方を日常の片付けに応用したものです。

断:不要なものを断つ
捨:不要なものを捨てる
離:モノへの執着から離れる

断捨離で大切なのは「モノへの執着」を捨て、「自分の人生を豊かにするために大切なモノはなにか?」を「見極める」ことです。
それを意識せず、目先の自分の行動予定や生活だけに視点を置くと、せっかく断捨離をしても、数か月後にはまたモノが増えてしまい、「リバウンド」してしまうのです。大切なのは断捨離をして、自分の心に「空間」を残しておく習慣をつけることです。

0720暮らしのコラム第3回入稿_ページ_2

断捨離とダイエットの共通点

「リバウンド」と聞いて、「ダイエット」を思い浮かべた方も多いかもしれません。断捨離とダイエットには共通する点がとても多く、どちらも自分の「豊かな未来」につなげるための手段です。自分にとって大切なことは何か?ということを立ち止まって考えると、自分にとって「不要なモノ」も見えてきます。
私は「考え方」を変え、「体質改善」をすることで、1年間で20kgのダイエットを成功させました。ここで大切なのは20kgという数字ではありません。
「なんのために考え方を変え、体質改善をして痩せるのか?」それを大切に考えるとリバウンドしません。そしてそれは空間のリノベーションでも同じです。

0720暮らしのコラム第3回入稿_ページ_3

ずっと先の未来を創造する

例えば10年後のようなずっと先の「未来」を想像して紙に書き出してみてください。できるかもしれないと思うことだけでなく、「そんなの無理でしょ!」と他の人から笑われてしまうようなことでも大丈夫です。ご家族と一緒に住んでいる方は、ぜひみんなでやってみましょう。
それを目に見えるところに貼って、その先の未来の「ワクワク」に胸をときめかすことから断捨離をはじめると「ワクワクの未来」を創造するために必要なモノと出会うことができます。
コロナ過の今だからこそ、ずっと先の「未来」に思いを馳せ、空間の見直しもしてみませんか?

 

リノベーションのご相談、お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ件名 (必須)

メッセージ本文(必須)

The following two tabs change content below.
瀧澤佐江子

瀧澤佐江子

リノベーションコーディネーター協会代表理事 建築業界に20年身を置き、500件以上の空間づくりに携わってきた経験 と、自身の体質や考え方・行動を改善する『自分リノベーション』によ り20kgの減量を達成したり、起業したりした経験を生かし、『リノベー ションで未来を変える』ためのリノベーションコーディネーターを育成 している。同時に、古民家からマンションまで様々なリノベーションを 請け負ってもいる。 2級建築士/インテリアコーディネーター リノベーションコーディネーター協会Facebookページ https://www.facebook.com/renovationcoordinator

関連記事

renovation2-1

【コラム】 住まいの空気環境と健康の関係

2020/06/05 |

生活空間をつくるのは 室内空間とは、床・壁・天井からできています。また、室内空間のなかでも、居住、...

記事を読む

写真02-01

【コラム】いつ・どこで・いくら借りるのがベストな選択か?

2020/07/20 |

皆さんはパソコン等の高額な家電製品を購入しようとした際、まず何をされますか?   ...

記事を読む

01

【コラム】 照明プランを自分で設計する方法②リビングダイニング

2020/06/02 |

前回は、照明プランの全体の考え方をご紹介しました。 「明るさが必要なところに、適切な照明器具を...

記事を読む

pic01

【コラム】「照明プランを自分で設計する方法」をご紹介①シンフォニ

2020/05/20 |

私は、6年前までPanasonicのショールームで照明電気設備担当のアドバイザーを勤めておりました。...

記事を読む

    • facebook
    • youtube
    • twitter
    • pinterest
PAGE TOP ↑