住宅ローン減税で失敗しないために
家づくりのお役立ち情報満載「家づくりの知恵袋」

注文住宅HOME > 家づくりの知恵袋 > 住宅ローン減税
家づくりのいろはを知るなら家づくりの知恵袋から。家づくりの知恵袋には、家づくりの流れから間取り、資金計画、税金の知識まで、ノウハウが満載です。 もっと具体的に知りたいことがあるという方は、都道府県名の厳選工務店までお気軽にお問い合わせ下さい。

住宅ローン減税

【住宅ローン減税について】

①制度のあらまし…一定以上の条件を満たす自己居住用住宅を10年以上の住宅
 ローンを利用して建てる場合、向こう10年間所得税(一部住民税を含む)から
 控除するというもの。

②控除を受ける為の要件
 1)取得の日から6か月以内に住み始めて、適用を受ける各年の12月31日まで
   引き続いて住んでいること。なお、住宅を二つ以上所有する場合には、主と
   して住む一つの住宅に限られます。
 2)この特別控除を受ける年分の合計所得金額が、3千万円以下であること。
 3)新築又は取得をした住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の
   2分の1以上の部分が専ら自己の居住の用に供するものであること。
 4)10年以上の住宅ローンを組んでいること。
 
 5)住み始めた年とその前後の2年ずつの5年間に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例などの適用を受けていないこと。  
 6)長期優良住宅の場合、金利・最高控除額についてはさらに優遇されます。





【Q&A】

Q.10年以上の住宅ローンを組む予定なのですが、勤務先の利子援助を受けると実質金利が0.5%くらいになります。
  控除は受けられるのでしょうか?
A.控除は受けられません。
  以下のような場合に控除は受けられません。
  1)勤務先の利子援助により実質金利が1%未満になる場合。
  2)勤務先のからの無利子または1%未満の金利による借入の場合。
  3)勤務先から時価の1/2未満の金額で取得した住宅の住宅ローンの場合。
  4)親や知人からの借入の場合。

Q.今年中に住宅の契約をすれば今年度の住宅ローン控除の適用になるんですか?
A.今年度の適用にならない場合もあります。住宅ローン控除は入居した年の制度が適用になりますので、例えば今年の4月に契約をして
  今年の11月に入居する方は、今年の制度の適用になりますが、今年の10月に契約をして来年の5月に入居の場合は来年の制度の適用
  となります。

Q.借入を2000万円~3000万円ほど考えているのですが、10年間でどのくらいの控除になるのでしょうか?
A.最大控除額で比較しますと2000万円では長期優良住宅の場合で約219万円、一般の住宅の場合で約182万円となり、3000万円借入で
  は長期優良住宅の場合で約328万円、一般の住宅で約273万円となります。実際には金利や年収、他の所得税控除額などによって
  変わります。


   小冊子プレゼント 住まいのQ&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

この知恵袋を見た人はこちらの知恵袋も見ています

この知恵袋を見た人はこの会社を見ています

この知恵袋を見た人はこのような実例も興味があります

ページのトップに戻る