大須賀技建株式会社の特徴、会社概要

大須賀技建の家づくり~太い部材へのこだわり~

大須賀技建では、地震や台風、積雪に強い家をつくるため、太い国産檜材を使った頑丈な構造の家づくりにこだわっております。
通し柱は6寸角(180㎜角)、管柱はお客様のご要望に合わせて5寸角(150㎜角)、4.5寸角(135㎜角)、4寸角(120㎜角)を採用しています。
梁・桁の幅は柱の太さに合わせて大きくしています。縦横の部材と上下の部材、共に太くしてこそしっかりと組み合い、頑丈な構造になります。
それに加え「ハイブリッド耐震工法」合掌組工法で構造をさらに強化しています。

大須賀技建の家づくり~国産檜へのこだわり~

なぜ「檜」にこだわるのかというと、その答えは、檜が持つ木材としての優れた性能にあります。
檜は耐久性に優れた木材として知られ、日本では昔から社寺建築に使用されています。
白蟻や腐りに強く、薬剤処理なしで使えるため、体に優しい家づくりに適しています。特に国産の檜は品質が高く、良い香りがします。
さらに、床下地の合板にも国産檜を使用しており、厚みが24㎜もある檜合板は耐震面でも効果を発揮し、床倍率3.0倍の剛性な床になります。
檜以外に地元福井県産の杉材・ケヤキ材も多く取り入れ、地産地消に努めています。
他にはブビンガ、松、メープル、桜などといった無垢の木材を使用しています。木材は市場・産地で大量に直接仕入れ、出来る限りお客様へ安価で提供できるよう自社倉庫にて自然乾燥保管しています。

大須賀技建の合掌組工法

福井県は多雪地域ということもあり、雪対策が必要です。
福井の雪は水分が多く湿った雪なので、降雪時には家に大きな荷重がかかります。
そういった時でもしっかりと屋根を支えるために、部材を三角形に組む「合掌組工法」を取り入れています。
三角形は構造的に安定した形であるため、雪の重みがかかっても効率よく力が分散していきます。
合掌組工法は雪が積もった時だけではなく、地震力がかかった時や強風で風圧力がかかった時にも大きな効果があります。
その上に屋根垂木(60㎜×75㎜)を1尺(300㎜)ピッチで入れているので、雪おろしができないまま軒先に雪が溜まっても壊れません。

大須賀技建の「時を超える家」

私たちは15年前から「檜の家100年・200年」を目指して家づくりをしてきました。
家の骨格となる構造が太くしっかりしていれば、世代が代わってもその生活スタイルに合わせたリフォームで対応できます。
100年、200年の間に親から子へ、子から孫へ。世代を経て受け継がれていく家は、家族の思いがたくさん詰まった貴重な財産になります。
それに加え「ハイブリッド耐震工法」で構造をさらに強化しています。
厳選された木材は独自の体制でじっくり時間をかけて自然乾燥することで質の高い建築材料へ生まれ変わります。
あらゆる木の力を知り尽くし、一棟一棟に捧げる誇りと伝統的な技法を備えています。

伝統の技の継承

私たちは日本の住宅建築文化も大切にしています。
現在、プレカットが増えてきていますが、当社の木造住宅のこだわりは「大工さんによる手きざみ加工」です。
手きざみ加工にこだわるのは熟練の棟梁が木材1本ごとの性質を見極め、どの部分にどう使えばよいかを考えながら木を組むことができるためです。
機械では加工しづらい長尺材が使えるので、構造の弱点となる継手の数を減らすことができる、といった利点があります。
加えて、合掌組工法、丸太組工法、桔木工法、扇垂木工法など、状況に合わせた工法で構造をより安定させられること……など、様々な良さがあり、昔から伝わる大工さんの知恵を現代の家づくりに活かすことを心がけています。
しかも 、これらの工法は、意匠面でのおもしろさもあります!
また、新築住宅だけでなく民家再生も手がけ、古い民家を現代風にリフォームし住み続けることも提案しています。

エコ住宅への取り組み

長く住み続けるには、快適さが重要です。
快適な家に欠かせないのが断熱性能。当社は以前から複層ガラスの高断熱サッシ・最高級Fランクの断熱材を採用して次世代省エネ基準をクリアし、省エネ住宅を通してエコに取り組んできました。

今後さらにエコに取り組むため、2010年からエコ住宅として新しい仕様が登場しました。その名も「エコヒノキ」です。

大きな特長は3つ。
・第一の特長 国産檜の柱(通し柱6寸角、管柱4・5寸角)や国産檜の土台をはじめ、耐久性のある部材を使っています。
・第二の特長 天然無垢内装材やケイソウ土など体に優しい素材にこだわり、健康に暮らせることを第一と考えています。
・第三の特長 ゼロエネルギー住宅を目指し、エコキュート・IHヒーター付システムキッチンに加えて、太陽光発電を標準仕様とし、環境に配慮した仕様としています。

その他にも雨水タンクの設置により、普段は庭木への散水用・洗車用の水を節水し、災害時に備えて非常用の水を確保するなど、身近な所からのエコにも取り組んでいます。

基本情報

 
企業名 大須賀技建株式会社
住所 〒918-8013
福井県 福井市 花堂東2丁目605
施工エリア 石川県、福井県
設立年 1992年
資本金 8,000万円
スタッフ数 12人
テーマ 木の家に住みたい 地震に強い高耐久の家 長期優良住宅・200年住宅 やっぱり"和"が好き 素敵な外観の家 省エネ・エコを取り入れた家 自然素材が好き 子育て世代の住宅
このエントリーをはてなブックマークに追加