コミュニティービルダー協会は
「内閣府beyond2020」の認定および「外務省JAPAN SDGs Action Platform」の紹介団体です。

住団連の「戸建注文住宅の平均顧客像 」より2

公開日: : 未分類

前回に続き、住団連が発表していた

「戸建注文住宅の平均顧客像 」

について解説していきます。

1.戸建注文住宅の世帯主年齢区分

FireShot Capture 418 -  - http___www.judanren.or.jp_proposal-activity_chosa_report03_pdf_kousatu2

直近は一番右側の濃い線になるのですが、

このところの傾向と変わらず30代が強いですね。

30~34歳の21.9%と35~39歳の21.6%をあわせて

なんと43.5%に達しています。

その次が40代前半で14.1%、40代後半となると

ぐっと下がって8.2%になっています。

そこから50代は横ばいという感じで

60代で伸びているように見えますね。

盛り返すのが退職を期に建替えをしたり、

セカンドライフで別の場所に建てたりの世代です。

 

でも、良く見ると50代も

50~54歳の5.6%と55~59歳4.5%をあわせると

10.1%ですから、実は60代の8.5%より多いんですよね。

そう考えると25~29歳の9.7%は凄いですね。

『若いからまだ建てないだろう』

なんてこと言えませんよね。

むしろ、60歳代の急激な減少が気になります。

ひょっとすると二世帯住宅の増加が影響しているのかも知れませんね。

 

2.土地と建物の関係

FireShot Capture 419 -  - http___www.judanren.or.jp_proposal-activity_chosa_report03_pdf_kousatu2

これは土地あり土地なしのでの分布になります。

①建替え 28.9%

②買い替え 6.3%

③土地を購入して新築 50.5%

④借地に新築 0.6%

⑤親の土地や相続の土地に新築 11.7%

となっていますね。

思ったより土地なしでのユーザーが少ない印象です。

③と④ですから50.1%

逆に持っている土地に建てるユーザーをまとめると

①と⑤ですから40.6%

ただし、④の「親の土地に~」は計画の始めには土地なしの範囲にいますから

現実的には土地のあるユーザーは3割程度と見たほうがいい気がしますね。

つまり、お客様を逃したくなかったら不動産屋と密接な関係を作っておくべきなのは自明の理です。

 

3.建替え時期について

FireShot Capture 420 -  - http___www.judanren.or.jp_proposal-activity_chosa_report03_pdf_kousatu2

こちらのグラフは「建替えにおける従前住宅の平均築年数の推移」と

分かりやすいのか分かりにくいのか分かりませんが

要は「何年で建替えたか」です。

よく日本の建替え年数は大体25,6年と言われていますが

都市部においてはもう10年足したほうが良いですね。

37,8年で建替えというところです。

大体1980年ごろに建った家ということです。

建築基準法が見直された頃に建っているわけですから

簡単に壊れるというような家ではなくて

むしろ快適さがどうかというところがカギなのかもしれません。

ただ、この年代に建てた人たちは今、おそらく70歳前後くらいのはずですよね。

それなのに、さきほどの建てている年代では10%を割るくらいしかいない。

つまり、建替えの主体(施主)は代替わりしているということでしょうか。

 

都市部の場合、土地の値段が高いですから

二世帯同居になる確率も高いでしょう。

そう考えると、35~40年前に造成された団地などに

二世帯住宅の見学会の折込チラシを入れることは

非常に有効かもしれませんね。

 

しかし、ここで面白いデータがあります。

FireShot Capture 421 -  - http___www.judanren.or.jp_proposal-activity_chosa_report03_pdf_kousatu2

これを見ると築40年以上が圧倒的に多い(41.6%)

平均年数の築37年あたりは15.1%くらいと

築25~30年の19.3%より下回っているんです。

こうなるとちょっと混乱しますね(笑)

40年以上となると50年も70年も一緒になるわけで…

住宅サイトを運営している実感からすると

時々あるのが

『亡くなった祖父母の家を建替する予定』

というユーザーです。

今、空き家問題が増えていますが

昔と比べると子どもが少ないですし

家があまっているんですよね。

ここのマーケットを上手く捕まえれば

受注増に効果あり!かも知れませんよ。

(続く)

 

記事 コミュニティビルダー協会代表 浄法寺

 

 

 

 

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

orikon

コミュニティビルダー協会コラム ~顧客満足度の高い住宅会社は?

2016/10/27 |

コミュニティビルダー協会コラム ~顧客満足度の高い住宅会社は?~ 今年のオリコン日本顧客...

記事を読む

コミュニティビルダー協会コラム ~森林セルフケアフォーラムの紹

2016/09/13 |

コミュニティビルダー協会コラム ~森林セルフケアフォーラムの紹介~   森林関連...

記事を読む

CeOvWshUsAASxEJ

後継者問題で七転八倒 初代ローマ皇帝アウグストゥス

2017/10/07 |

日本でも皇位継承に関しては色々と議論がありますが 工務店の社長さんも跡継ぎをどうするか?いわゆ...

記事を読む

IMG_2252

住宅メーカーの一つの形か 大和ハウスの成長

2015/05/16 |

ここに来て4期連続で過去最高益を出しているダイワハウス。打ち上げはついに3兆円になる営業利益...

記事を読む

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑