いとう建設工業(株)の特徴、会社概要

いとう建設工業の考え方

私たちは、太田市の事務所より1時間の範囲を施工範囲と決めている「地域密着工務店」です。「私たちが造った家は、その家が存在する限りメンテナンス・アフターフォローをしていく」と言う信念をもって家づくりをしています。
完成して終わりではなく、完成してから長いお付き合いが始まるという考えです。
なぜ、施工範囲を決めているのか?それは引渡し後、何年かして不具合や突発的な事があった時にスグに駆け付けられる範囲が1時間なのです。
創業から早67年、この思いを守って地元工務店として地元に根差してきました。
いとう建設の家づくりは、夏涼しく冬暖かい「深呼吸したくなる家」4寸柱仕様の「遮熱の家」16坪からの「コンパクトな平屋」などがあります。

いとう建設工業の家づくり 深呼吸したくなる家

私たちが今一番におすすめする家は、空気がきれいなで湿度が1年中一定で暮らしやすい「深呼吸したくなる家」(通気断熱WB工法)です。湿度が一定なのでカビやダニの発生もほとんどなく、ペットのニオイや家庭臭なども残りません。いつも新鮮な空気の家です。普通の家づくりと全く違う所は①床下から屋根換気口まで空気の2つの通り道を設けた事 ②家中の床下、壁の中、天井裏などの全ての空間の空気が常に動く仕組みを作り、いつも新鮮な空気が部屋に入る仕組みを作った事。(家の呼吸)
これにより1年を通してすべての部屋の湿度が約50~60度に保たれるので夏、帰宅した時に感じるムワッとした蒸し暑さとは無縁です。また冬、誰もいない家に帰宅しても、ほんわか暖かい空気が向かい入れてくれます。

少人数で暮らすコンパクトな平屋住宅

少人数で暮らす最適なコンパクトな平屋建て。16坪から28坪までのオリジナルプランをご用意しています。間取りのムダをなくしコンパクトに抑えた、いとう建設の平屋の人気商品です。コストは押さえていますがデザイン性や性能は、「遮熱の家」と同等です。
こんなお客様に人気があります。
・夫婦で建て替えを考えている方
・夫婦+2人の住まいに
・息子・娘が結婚するので敷地内に建てたい。
・ペットと暮らす独身の方

遮熱の家(ひまわりの家)

高断熱高気密住宅が、冬は暖かく快適に過ごせるという事は、よく知られています。しかし夏の場合は、どうでしょう?エアコンなしでは過ごすことができません。もともと高断熱高気密住宅は、寒い国から来た工法で冬向きの家です。夏はエアコンを切ってしまうと、屋根や外壁から伝わった熱が断熱材に蓄積されエアコンなしでは過ごせません。
夏の屋根裏の温度は実に70℃にも達します。これを避けるには、屋根裏に熱がたまらないようにする必要があります。熱を防ぐ方法、それが「遮熱」と言う考え方です。
具体的には、瓦の下や外壁の下にアルミ箔を表層に貼った遮熱シートを張る事で熱を反射します。この遮熱の家は、いまではシンプルな工法となりました。

いとう建設から

家づくりって何だろう?と考えた時、いろいろな思いが浮かぶ・・・。家族の絆・心安らぐ場所・子育て・自分を癒してくれる場所・好きな人と共に暮らす・・・人それぞれ家づくりの想いは違っていても、家に帰り、ほっ とでき、安心安全で暮らせるのが我が家ではないでしょうか?
いとう建設の家づくりは、お客様のこだわりや想いをプランと言う形にして提案します。
いとう建設の家づくりは、大地震に強い 耐震構造 + 制震構造 の家です。
いとう建設の家づくりは、完成引渡し後のアフターフォロー、定期点検は地域NO1です。
いとう建設の家づくりは、「やっぱり、いとう建設に頼んで良かった」を常に目指しています。
いとう建設の家づくりは、構造体重視の家づくりです。

基本情報

企業名 いとう建設工業(株)
住所 〒370-0312
群馬県 太田市 新田村田町1663
施工エリア 栃木県、群馬県、埼玉県
設立年 1954年
資本金 2,000万円
スタッフ数 13人
テーマ 木の家に住みたい 地震に強い高耐久の家 長期優良住宅・200年住宅 省エネ・エコを取り入れた家 自然素材が好き 高断熱・高気密がいい! 設計デザインはおまかせ 子育て世代の住宅 土地探しからお手伝い
間取り・見積もり提案サービス
このエントリーをはてなブックマークに追加