軽井沢フジホーム株式会社の特徴、会社概要

軽井沢フジホームの家づくり

信州の東信エリア(軽井沢・佐久・小諸等)などは長野県でも寒冷地であり昼夜の寒暖の差が激しく、このような土地での住宅・別荘建築の際には地元の工務店が持っているノウハウが必要となります。

軽井沢フジホームは軽井沢・佐久・小諸・北軽井沢エリアで25年余り、厳しい気候に対応した家づくりをしてきました。
当社では高気密・高断熱で夏涼しく、冬暖かい一年を通して快適な省エネ住宅をご提案しています。

地元の自然環境を熟知した軽井沢フジホームだからこそ、設計施工に細部までこだわり、住む方に合わせたプラン作りにも対応することが出来るのです。

 
また、
お客様の別荘をいつでも快適に利用できるよう不在時の建物内外部の管理、メンテナンスから、別荘到着後すぐに気持ちよくお過ごしいただける清掃サービスまであらゆる面で対応させていただきます。
「冬の寒さで水道が凍ってしまった。」「草が生い茂って土地が荒れてしまった。」「落ち葉の処理はどうしよう。」「台風の後で被害があるか心配。」 など何でもお気軽にお問い合せ下さい。
 

軽井沢フジホームの5つの特徴

1.地域密着
地元に根付いた工務店ですので施工後のアフターサービス、メンテナンス体制は万全です。
お客様のホームドクターとして10年、20年の長いお付き合いの始まりです。

2.経験豊富
20年以上の豊富な施工実績で、信州の東信エリア(軽井沢・佐久・小諸等)の厳しい自然環境や特殊な地盤でもそれぞれの条件に対応した住宅をご提案しております。

3.省エネ住宅
当社は基礎から屋根部まで断熱には特に重点を置いております。基礎は弊社独自の両断熱型枠材『ワンダーフォーム』を使用し、床下での温度変化を抑え、驚異の断熱性能を発揮します。

4.自然素材
内装には体に優しい無垢素材や塗料等を使用しておりますので安心です。
また無垢素材は柔らかい素材ですので足腰にも優しく快適です。時間の経過とともに味わいがでてきますので経年変化を楽しめます。

5.自由設計
お客様が納得するまで何度も打ち合わせをし、細かいご要望まで一つ一つ丁寧にお答えします。
お客様の夢をかなえるためそれぞれの生活スタイルに対応した家づくりが実現できます。

基礎断熱工法ワンダーフォーム

次世代の型枠「ワンダーフォーム」は省エネ住宅に向けた基礎断熱工法です。
施工も簡単で工期短縮になり、施工コストの削減にもなります。
基礎の両側を断熱材でサンドイッチすることで高い断熱性能となり、別荘の水抜き水出し作業が不要になります。

さらに平時は多目的ホールや物置として活用し、災害時は防災シェルターとして使用できます。
傾斜地にも対応できます。

またワンダーフォームは防蟻性・結露防止にも優れ、その防蟻主成分であるチアメトキサムは人や動物への毒性が非常に低く安全性の高いものです。

軽井沢フジホームはワンダーフォームでゼロエネルギーハウス時代に向けた省エネ住宅を実現いたします。

基本情報

企業名 軽井沢フジホーム株式会社
住所 〒389-0113
長野県 北佐久郡 軽井沢町大字発地2591-57
施工エリア 群馬県、長野県
設立年 1991年
資本金 1,000万円
スタッフ数 3人
テーマ 木の家に住みたい 地震に強い高耐久の家 素敵な外観の家 省エネ・エコを取り入れた家 自然素材が好き 高断熱・高気密がいい!
このエントリーをはてなブックマークに追加