【コラム】第9回 箸の雑学 ~もっと楽しくなる、誰かに教えたくなる、箸文化の奥深さ ~

公開日: : コラム

   

PR:あなたの建築予定地にある工務店に、無料で間取り・見積り作成を依頼してみませんか?お申し込みはこちらから

   

 最近4歳の孫が、車は「台」、鉛筆は「本」と助数詞を覚え始め、「靴は一足と数えるのよ」と教えたところ孫は「お靴は、2個あるから、二足だね」と・・・組物を説明するのは難しく、墓穴を掘ってしまいました。
箸も組物ですので2本揃った状態で「一膳」、1本だけの時は「一本」と言います。

 先日上野動物園で生まれたパンダの双子の赤ちゃん、テレビ局により「二匹」と「二頭」と違っていました。蝉は、羽がついているのに「匹」と数え、抜け殻は「個」、日本語は難しいですね。
ネットで調べてみると、助数詞は5000ほどあるようです。【数え方単位辞典】
https://www.sanabo.com/kazoekata/

箸の数え方について

 お箸は、使用用途により助数詞が「本」「膳」「組」「揃い」「具」というように変わります。
食事をするための箸は、「膳」、調理をするための菜箸や火箸などは、道具になりますので、「組」「揃い」「具」と言います。

【助数詞の変化】
現在の二本に分かれたお箸は、飛鳥時代に遣隋使として派遣された小野妹子らが中国から持ち帰ったとされていますが、中国で箸のようにセットの物を数える助数詞は、「双」「対」「副」が用いられ、日本に伝わってきた当時は、文献によると「双」で数えていたようです。平安時代には、「双」の他に「具」の数え方もあったようです。
平安時代末期には、箸を「前」と日本独特の助詞数が現れ、鎌倉時代には「前」が主流となりました。

「前」の考え方は、元々は神の御座所を「前」と呼んでいましたが、次第に神そのものを表す助詞数となり、「前」は神社に祀られる主神以外の神を数える際に使われるようになり、天皇や高貴な方を指す「御前」という言葉になりました。また、神事・仏事に供えられる食饌(しょくせん)についても「前」で数えられるようになり、神事に使われる箸についても同様に「前」で数えられ、食事に使う箸も「前」で数えられるようになりました。

 中国では箸独自の数え方が発達せず、二本セットを意味する「双」「対」「副」で数えられ、日本でも当初は中国の用例に倣っていたようですが、平安時代末期から鎌倉時代にかけて「前」で数えるようになりました。

 その後、室町時代にかけて、日本の料理は大きく進歩し、精進料理の影響を受けつつ、平安貴族の式正料理も受け継ぎ、武士の間で本膳料理が形成されました。
本膳料理は、本膳、二の膳、三の膳とそれぞれ膳と呼ばれる脚付きの台に料理と箸が並べられることから、箸も「膳」と数えるようになりました。これは、日本独自の数え方です。

 箸は膳で数えるのがいわゆる「正しい日本語」ではありますが、最近は「本」「組」など、二本セットを意味する一般的な数詞で数える若者も多くなっているようです。

 先日、コンビニのレジで前の方がお弁当を買われ、店員さんは「お箸は何本お入れしますか?」と、お客さんは即座に「一本でいいです」と答えていました。私は、違和感を感じながらもこのような会話は、何度も聞いています。
割り箸は、割る前は一本と数えても良いと書かれた書物もありますが、食事をするための箸は、「膳」と数えると次世代へ伝えていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
礼法講師としての経験、及び自身の子育て・孫育ての経験から、「マナー教育や食育で基本となるのは毎日の食生活であり、お箸使いである」との確信を得る。以来、箸文化や箸使いに関するセミナーや、my箸作りを行うワークショップを多数開催。「日本のすべての子どもたちと、その親たちが、正しい箸使いを身につけるとともに、自分のお箸を丁寧に選ぶようになってほしい」「すべての日本人に箸文化の素晴らしさを知ってほしい」と願って活動している。
https://minnano084.com/
   

関連記事

【コラム】木を取り入れた方の感想

2020/07/14 |

前回、前々回のコラムではご自宅やオフィスなど、普段の生活空間に木を取り入れた事例をご紹介しました。 ...

記事を読む

【コラム】木の効用 木が人にもたらす効果

2020/06/09 |

これまでのコラムでは木の歴史や文化について触れてきました。木は人々が生活を豊かにするために有効に活用...

記事を読む

【コラム】第5回 箸育「教え方」にはコツがある ~Part.2

2021/03/18 |

乳幼児の保護者向け講習の際に必ず訊かれる「箸トレーニングは何歳からですか?」というご質問についてお答...

記事を読む

【コラム】「照明プランを自分で設計する方法」おすすめ商品10選

2021/06/10 |

こんにちは。 照明プランを自分で設計する方法をご紹介してきましたが、今回で最終回になります。 今回...

記事を読む

  • 友だち追加
    • facebook
    • youtube
    • twitter
    • pinterest
PAGE TOP ↑