【暮らしのコラム】ほめポイントが見つからない!そんな時は3つの質問でほめ上手に!

公開日: : 最終更新日:2022/06/25 コラム

   

PR:あなたの建築予定地にある工務店に、無料で間取り・見積り作成を依頼してみませんか?お申し込みはこちらから

   

こんにちは!
一般財団法人 ほめ育財団 ほめ育ママ代表の中村玉子です。

前回の「ほめ育ワンポイントアドバイス」は“プラスの言葉を使おう”でした。
「楽しい!」「ステキだね」「ありがとう」など、これらの言葉は相手を楽しい気持ちにさせるだけではなく、脳の仕組みからも全て自分にプラスとなって返ってくる、というお話でした。

さて、今日のテーマは、『ほめポイントが見つからない!そんな時は3つの質問でほめ上手に!

「ほめる」と「お世辞」は別。

ほめポイントが見つからないとき、とりあえず見た目や表面だけを見てほめておく。そんなことはありませんか?この「ほめる」で間違えやすいのは、「おだてる」や「お世辞」です。

ほめるというのは、相手をそのまま“認める”ということです。お世辞には「おだてておけば、相手は良い気分になるだろう」という、相手を見下したりコントロールしようという思いが隠れています。それではかえって関係性は悪くなってしまいますね。

特に思春期のお子さまの場合、結果だけをほめてしまうと、「ちゃんと見てくれていない」「理解してくれていない」。そんな誤解が生まれてしまうかもしれません。

ですから、ほめるためにはまずお子さまをしっかりと知る必要があります。なぜなら、よく知らないままのほめは上辺だけのほめになり、お子さまの心に響かないからです。そのために、ほめ育では『3つのマジック質問』というものがあります。

相手を知るための3つのマジック質問

①「好きなことは?」・・・お子さまの本来の性格がわかる

人は好きなことを話していると、自然と心がほぐれ楽しい気持ちになります。すると「話していて楽しい」「私を理解しようとしてくれている」と前向きな気持ちが生まれてくるのです。

ある程度大きなお子さまや大人に対しては、この質問で小さな頃に自然に表現できていた本来の性格を知ることができます。なぜなら、何かを好きになるのに特別な理由がないことも多くあるからです。

さらに、「なぜ好きなのか?」「どんなことが特に好きなのか?」を深掘りすると、お子さまへの理解がさらに深まり、ほめポイントも多く見つかります。

②「続けていることは?」・・・お子さまへの理解が深まる

お子さまの現在の姿だけではなく、過去や未来のことにも目を向けてみましょう。お子さまが今やっていることへの理解が深まります。

何かを続ける途中で失敗したりくじけそうになったこともあるでしょう。そんなとき、どう乗り越えてきたのか?なぜ頑張れたのか?そもそもなぜ続けようと思っているのか?深掘りして聞いてみましょう。

続けていることはすごいことでなくても良いのです。お手伝いや宿題、部活や習い事の練習など、当たり前に続けていることを一緒に見つけても良いでしょう。
本人も気づいていなかったほめポイントが見つかり、お子さまの自己肯定感を上げることにもつながります。

③「大切にしていること・ものは?」・・・相手の価値観がわかる

・今まで何を大切にしてきた?
・なぜ○○を大切にしているの?
・これからは何を大切にしていこうと思う?

大切にしているものを聞いたら、たとえ自分の興味のないものでも「新しいね!」と受け入れてみると良いでしょう。自分が大切にしているものを、相手にも大切にしてもらえることは嬉しいことです。また、質問された方も「なぜ大事にしているのか」と自分を振り返るきっかけにもなり、まさに一石二鳥です。

人の悩みは、ただ聞いてもらい悩みを外に出すだけで、心が軽くなることもあります。
ただ、中には話したくないというお子さまもいるでしょう。その時は無理に聞き出さず、話してもらえるような安心安全な雰囲気づくりを心がけてみてください。

今日できる「ほめ育ワンポイントアドバイス」 “子どもに質問してみよう”

一緒に生活していても、ゆっくり向き合う時間は案外少ないかもしれません。3つの質問で知らなかったお子さまの一面が発見できるかもしれませんね!

次回のテーマは「ママもほめてほしい。子育てにちょっと疲れたら・・・」です。

今日もパパ・ママに!

The following two tabs change content below.
保育士・幼稚園教諭であり、現在は主に保育園での知育授業を担当。 高校時代はバトントワリング全国大会3年連続グランプリの実績をもつ。バトントワリング教室12年、幼児教育7年の間に2,000人以上のお子さまと関わった経験から、心・体・脳をバランス良く育てることを大切にしている。 自身も小学生2人の子育て真っ最中!ほめ育は実生活にも導入し、ほめる・叱るのバランスをとりつつ、毎日の家事・育児・仕事に奮闘中。子育てのモットーは「楽しく!」。毎日起きてくる様々な出来事をいかに楽しく置き換えるか。そして伝えるべきはしっかりと伝え、心の土台作りの場として、家庭の在り方が大切であることを、全国のパパ・ママに向けて発信中! 【ほめ育についてもっと知りたい!という方はこちらをご覧ください→https://lit.link/homeikumama】
   

関連記事

【暮らしのコラム】子どももママも幸せになる!Home-Ikuとは

2021/10/21 |

はじめまして!ほめ育教育アドバイザーの中村たまこです。私は現在、この「ほめ育」という教育メゾットを...

記事を読む

【コラム】『機会』 自分と向き合う

2020/06/09 |

「機が熟したようだ」 その感覚は突然やってきました。 いや、機が熟す時をずっと待っていたのか...

記事を読む

【コラム】数秘の活用術①自分を知る

2020/08/28 |

「自分を知る」と聞いてあなたはどんな風に感じますか? 自分のことを知りたいと思いますか。 それと...

記事を読む

【コラム】「再生」暮らしの中のヨガ⑤ 毎日自分を調律

2020/09/11 |

あるレストランでずっと使われていなかったグランドピアノがありました。 レストランでピアノの演奏会を...

記事を読む

  • 友だち追加
    • facebook
    • youtube
    • twitter
    • pinterest
PAGE TOP ↑