【暮らしのコラム】家族の目標を決めよう!やることが分かれば時短にも!

公開日: : 最終更新日:2022/06/25 コラム

   

PR:あなたの建築予定地にある工務店に、無料で間取り・見積り作成を依頼してみませんか?お申し込みはこちらから

   

こんにちは!
一般財団法人ほめ育財団 ほめ育ママ代表の中村玉子です。

前回の「ほめ育ワンポイントアドバイス」は“1日1ほめをしてみよう”でした。

「継続は力なり」という言葉があります。ほんの些細なことでも、続けなければわからないこともあります。まずは3日、1日休んでまた3日。最初は毎日できなくてもOKです。続けては休むを繰り返して少しずつご自分の生活に取り入れてみてくださいね!

さて、今日のテーマは『家族の目標を決めよう!やることが分かれば時短にも!』

子育ては変化する

みなさんは、ティーチングとコーチングの違いをご存じですか?

子どもたちはまず最初にティーチングにより基本的な知識を得て、コーチングによりその知識を生かす想像力や計画力を育てていきます。

生まれた頃は主にティーチングによる関わりが多いのですが、成長するにつれティーチングとコーチングのバランスを柔軟に変えていく必要があります。

日本の教育は大きくバージョンアップしようとしています。その中でよく「主体性」という言葉が出てきますが、この主体性を育てていくためにコーチングとしての関わりはとても大切なものになります。

・自主性:すでに決められている課題や問題に自分から取り組むこと。

・主体性:自分自身で課題を発見して取り組むこと。

お子さまが失敗を恐れず思い切って行動しようとしたとき、この「ほめる」という関わりはさらにお子さまの行動を後押しすることになります。

長所を伸ばす

人には成長欲というものがあります。

またほめ育では人はほめられるために生まれてきたとお伝えしています。

『子どもにも大人にも、全ての人にその人だけのかけがえのない長所があり、成長する力を持っている。それを心から信じほめていく

世の中には〇〇してはいけない、〇〇しなくてはいけない。そんな言葉が並びどうしたら良いのかと悩む親御さんも多いかもしれません。ですが、どんなに素晴らしい言葉・ノウハウも「子どもの可能性を100%信じる」という土台がなければ、相手をコントロールしたり思い通りにいかないことにいら立つばかりです。 そうならないためにも、このほめ育を学んでいただくことはあらゆるスキルやノウハウの土台を培うことにつながります。

家族のルール

みなさんのご家族にはルールがありますか?
こんな子どもに育ってほしい。そんな思いを口に出して伝えていますか?

どんなに近くにいても思っているだけでは伝わらないこともあります。このコラムを機に、ぜひ「わが家のルール」というものを一度考えてみませんか?

家族は社会の最小単位です。異なった性質をもった人間同士が同じ屋根の下で共に暮らすというのは時に楽しいことばかりではないでしょう。ですがその中でお互いに話し合い、向かい合い、認め、妥協点を見つけていくこと。それが社会に出てからもきっとお子さまの人生において宝となるはずです。

家族の基準を一度決めておくと、気分で叱ったりすることがなくなり結果的に子育ても楽になります。

例えば・・・

・朝は自分から気持ちよく挨拶しよう!

・玄関の靴を揃えよう!

・朝ごはんは一緒に食べよう!

・人の話はうなずきながら聞こう

・思いやりを持とう

このように、家族が気持ちよく過ごせるようなルールを話し合い、みんなが見えるリビングなどに貼っておくと良いでしょう。1年に1度はこのような機会があるといいですね!

家族で次のような質問をしてみましょう。

家族のルールに加え、普段からこのようなことについても話し合ってみましょう。

・勉強するってどういうこと?

・早いってどのくらいのスピードのこと?

・時間を守るってどういうこと?

・整理整頓ってどういう状態?

何かができなかった時に話し合うのではなく、普段からこういった話を家庭の中に取り入れてみると良いでしょう。こういった方向性が決まっていると、家族としての軸ができ、ほめる・叱るの基準にもなります。そのことで、何かあるたびに迷うことも少なくなり、結果的に時間も有効につかえますね!

今日できる「ほめ育ワンポイントアドバイス」 “家族のルールを1つ決めてみよう”

できれば家族全員でまずは1つでも良いので話し合ってみてくださいね!

次回のテーマは「子育てのゴール。自立するってどういうこと?」です。

今日もパパ・ママに!

The following two tabs change content below.
保育士・幼稚園教諭であり、現在は主に保育園での知育授業を担当。 高校時代はバトントワリング全国大会3年連続グランプリの実績をもつ。バトントワリング教室12年、幼児教育7年の間に2,000人以上のお子さまと関わった経験から、心・体・脳をバランス良く育てることを大切にしている。 自身も小学生2人の子育て真っ最中!ほめ育は実生活にも導入し、ほめる・叱るのバランスをとりつつ、毎日の家事・育児・仕事に奮闘中。子育てのモットーは「楽しく!」。毎日起きてくる様々な出来事をいかに楽しく置き換えるか。そして伝えるべきはしっかりと伝え、心の土台作りの場として、家庭の在り方が大切であることを、全国のパパ・ママに向けて発信中! 【ほめ育についてもっと知りたい!という方はこちらをご覧ください→https://lit.link/homeikumama】
   

関連記事

【暮らしのコラム】ほめるの反対は〇〇。子どもの成長を促すほめ方は

2022/01/14 |

こんにちは! ほめ育教育アドバイザーの中村たまこです。 前回の「ほめ育ワンポイントアドバイス...

記事を読む

【コラム】「照明プランを自分で設計する方法」おすすめ商品10選

2021/06/10 |

こんにちは。 照明プランを自分で設計する方法をご紹介してきましたが、今回で最終回になります。 今回...

記事を読む

【コラム】住宅ローンはどんなタイミングでお金が通帳に入るのか?

2020/09/01 |

すでに住宅ローンを選ぶ際、借りる際の基本的な考え方は第一回・第二回でお話した通りですが、今回は住宅購...

記事を読む

【暮らしのコラム】お子さんに触れていますか?“タッチ”がもたらす

2021/11/24 |

みなさま、はじめまして。「この子を産んでよかった!」と心から思える障害のある子のママを増やす!活動...

記事を読む

  • 友だち追加
    • facebook
    • youtube
    • twitter
    • pinterest
PAGE TOP ↑