コミュニティービルダー協会は
「外務省Japan SDGs」「内閣府beyond2020」
の認定団体です。

住宅(工務店)営業初級編 商談の流れについて

公開日: : 住宅営業, 工務店, 工務店 集客

eigyou_01_d_03

前回は「住宅(工務店)営業初級編 まずすべきことは?」ということで

書いてみました。

今回は「具体的な商談の流れ」について書いてみようと思います。

なんとなくは「現地調査して、プラン描いて、見積もりして~」

みたいな感じで捉えていると思います。

間違いではないのですが、いちばん重要な点は

『スケジュールをお客様と共有しているか』

ということです。

なぜかといえば、

・「先の分からないことは誰でもは不安」ということ。

多くのお客様にとって家づくりは初めてのことですよね。

しかも、金額がものすごく大きいですよね。

たとえば皆さん、初めての町で食事しようとして

値段の分からない、中の見えないすし屋に入りますか?

僕は怖くてムリです(笑)。

お客様は特に

どこまで話を進めたらお金がかかるんだろう?

ということが分からないとものすごく不安です。

a253bfb81b31beb109a2c669b04770fb

 

・「どの段階で業者決定をするのか」を共有すること。

よくある話として、

「見積もりも出したし返事がもらえるだろう」

と思って見積もりの打合せでクロージングしたら

えっ、決めないといけないの?

みたいなことをお客様に言われて

クロージングのタイミングがずれていく・・・。

とうのがあります。

最悪、他の業者の見積もり待ちとか。

前もってお客様に

『この段階で、私どもで家づくりをお進めになるかどうか

判断してくださいね』

と言っておけば、お客様もそのつもりで商談を進めてくれるものです。

これ、すごくものすごく大事です。

 

・スケジュールを示すことによって問題点が出やすい。

たとえば「現地調査」の時点でお客様が難色を示したとします。

よく聞いたら

親の土地だがまだ家を建てる予定を話してない

とか

土地は仮押さえしたが~

などなどありますよね。

「引渡し」の予定を出したらお客様が難色を示したとします。

聞いたら

子どもの新学期に合わせたい

とか

年回りが悪い・確認しないと

とか

まだ急いでないから~

とかよく聞いてみたら

親に資金援助してもらうので業者を決めてから

相談しないといけない

などなどありますよね。

 

 

このような問題点を早めに洗い出して解決をはかる。

その場その場のいきあたりばったりでは

工期も読めませんし、資金繰りも同様です。

もちろん単に相手のペースに合わせたくないとか

誰でも急いで決めたくはないんですが、

たとえば

『来年の奥様の誕生日に合わせましょう!』

とかそんなことで決まる場合もあります。

まずは目安を設けるということが大事だと思います。

 

・スケジュールは毎回確認すること

基本的にお客様は1回言われたくらいで覚えてくれる

とは限りません。

毎回、打合せの終了時に

「今日はこの段階まで進みました。

次回の打合せはこの内容です。」

と確認しましょう。

ちなみにこれで「せかされる」と感じるお客様は

ほとんどいませんのご安心ください。

 

・次回のアポイントは確定させること。

私達が地域の工務店さんに具体的に間取りなどを検討したいという

お客様をご紹介した後に、お客様側から出るクレームのひとつが

次回の予定が決まってない。本当にやる気があるのか不安だ。

というものです。

もちろん、プランニングは創造力を必要とする仕事ですので

時間が必要な場合もありますが…。

しかし、一般的な他の業界では、

・スケジュールの説明がない

・次回の打合せの日時が決まってない

ということが殆どありません。

もちろん新しい企画の提案などでもそうです。

現在、家を建てるお客様というのは、ある程度お仕事を

きちんとこなしている方が多いです。

その方から見れば、

どうなってるんだろう?

仕事もだらしないんじゃないか?

と思われても仕方ないです。(本当はそうでないとしても)

問題はこのところ、大手のハウスメーカーと工務店さんを

同時検討しているお客様が多い(5割越えてます)ということです。

ハウスメーカーの営業はもちろん次回のアポイントは必ずとります。

そこで比べられた時に

多少高くてもハウスメーカーにしようか…

となってしまうケースがあるんですね。

すごくもったいないことだと思います。

 

まとめ

『スケジュールをお客様と共有しよう』

なぜなら

・「先の分からないことは誰でもは不安」

・「どの段階で業者決定をするのか、を共有できる』

だからこそ

・スケジュールは毎回確認する

・次回のアポイントは確定させる

ということです。

 

ぜひ実践してみてください。

商談にメリハリが出てきますよ!

 

 

 

記事 コミュニティビルダー協会理事 浄法寺

 

 

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

耐震診断を絶対に受けるべき家とは?

2019/11/05 |

耐震改修のススメ 政府広報HPより   私が住んでいる千葉県というのは以前から...

記事を読む

FireShot Capture 343 -  - http___www.mlit.go.jp_common_001206762.pdf

セーフティネット住宅情報提供システム運用開始

2017/10/23 |

本年4月に公布された住宅セーフティネット法の改正法が10月25日に施行されて 高齢者、低額所得...

記事を読む

IMG_3120

コミュニティビルダー協会コラム 基準地価9年ぶり上昇

2016/09/21 |

基準地価上昇はマイナス金利の影響がある 国交省が20日に2016年7月1日時点の基準地価を発表...

記事を読む

コミュニティビルダーコラム~小学校の学区別世帯年収と人気住宅地の

2016/09/26 |

コミュニティビルダーコラム ~小学校の学区別世帯年収と人気住宅地の相関関係~   ...

記事を読む

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑