ハイグレード高級住宅のメリット・デメリットと
失敗しないためのポイント
お好みのテーマで工務店を探そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイグレード高級住宅のメリット・デメリットと失敗しないためのポイント

ハイグレード高級住宅をお考えの皆さんへ、ハイグレード高級住宅をする際のメリット・デメリットと失敗しないためのポイントをお伝えします。動画とマンガを見て、お住まいの地域や建築予定地でハイグレード高級住宅が得意な工務店を見つけて下さい。工務店の情報を見る、無料の資料お取り寄せ・お問い合わせは最下部の地域選択から。

高級住宅・ハイグレード住宅を考える際、使用する素材や設備にコストをかけて住まいそのものを高級な仕様に仕上げることはもちろんですが、日常的な空間を非日常的に演出するだけでも、自分にとってグレードが高く、高級な住まいになるものです。 例えば、都会の喧騒を離れ穏やかな時間を過ごせるホテルや旅館のような演出を施すのも、ハイグレードな住まいづくりの方法です。さらに空間を贅沢に使った間取りも考えてみましょう。

住宅を計画している人なら誰でも、少しでも高い天井が欲しいと考えるでしょう。ホテルなどで感じる開放感や高級感は、天井の高さによるところが大きいです。平面的には狭くても、天井が高いと空間の広がりを感じることが出来ます。 ただしバランスを考えないと、逆に壁からの圧迫感を感じてしまうので注意が必要です。 また、ただ高い天井を造るだけでなく、形状や素材、照明や自然光なども工夫することが重要です。 リビングなどの天井を高く出来ない場合、坪庭を設けて大きな窓を設置し、居室部分との連続性をもたせることで、坪庭を部屋の一部として天井の広がりを感じることが出来るでしょう。 照明計画が良いと、あまり広さがなくても快適でハイグレードな空間になります。逆に照明計画がうまくいかないと、チープな空間に見えてしまいます。照明計画考える場合、ポイントになるのは器具よりも「光」の方です。 一時期は住宅の照明では蛍光灯を多く用いられましたが、最近では白熱灯や白熱色の蛍光灯を使ったダウンライトや、間接照明による柔らかい光を使うことが多く見られます。補助的照明を空間全体に配置することで、シンプルで美しい空間を創りだします。

高級な住まいは家そのものの造りや素材、仕様・設備はもちろんですが、 配置される家具や小物によっても高級感を演出することが出来ます。家具についても特別高級なものでなくても、素材やコーディネートによって高級感を醸し出すことが可能です。 部屋の壁や床とのバランスもありますが、家具の色が濃いめのものを選ぶと、落ち着きのある重厚な空間になります。 また、素材についても、使う木材の種類や仕上げの方法などで見え方が大きく変わりますし、ソファーの生地などでも印象が変わります。 ただ、家具については実際に使ってみて使いやすいと思う家具を選ぶことが大前提となりますので注意しましょう。
小物は、壁に飾り棚などを用意しレイアウトすることで、居室のデザインの一部として見せることで、1つの「しつらえ」になります。また、テーブルランナーやベッドライナーなどを使ったり、ファブリックパネルなど大胆に飾って間接照明を設置したりすると、ぐっと高級感がアップするでしょう。 さらにキャンドルを窓際や食卓に置くことで、美しい空間演出が可能です。

緑に包まれたデッキテラスで読書をしたり、坪庭のある縁側でお茶を飲んだり夕涼みをするといった時間はとても贅沢ですよね。庭を広くとることが出来ない地域であっても、ウッドデッキを使えば庭と室内をつなげた贅沢な空間を演出できます。 室内とウッドデッキの段差を極力少なくし、同色系の床とウッドデッキを施すことで、室内の延長線上に庭が続いている感覚を味わうことが出来ます。リビングと一体となった庭はとても広く感じるはずです。 坪庭に縁側を設けることで、高級旅館の和室の縁側のようなイメージになり、室内と坪庭とが無駄なく融合され、引き締まった空間を演出します。 ウッドデッキや坪庭は、高級感を高めるためのデザインツールとして効果の高いものです。 高級ホテルや旅館が心地よく感じる理由の一つに、生活感の少なさがあります。洗濯物、子供のおもちゃ、ゴミ、雑誌などは高級感を台無しにしてしまうものです。そのような物が生活空間に見えてこない工夫をすることもポイントです。生活必需品である物を視界から消すためには、収納力が必要になるでしょう。 人が生活をする以上、常に部屋をきれいに保つのはとっても大変なこと。絶対にちらからない家は不可能に近い訳です。ですので、なるべく片付けがしやすい家、いざという時に簡単にしまえる収納計画が重要です。
そのためには収納量が多く、取り出しやすい壁面収納を、いつも子供さんが遊んでいるリビングやダイニングなどにも設けたり、階段下収納に大容量のスペースを設置したり、畳コーナーの下やスキップフロアの段差を利用した収納などの工夫をしてみましょう。家族のライフスタイルに合わせた収納計画で、一層高級感のある住まいを造ることができるでしょう。



工務店を地域から探す

お住まいの地域、建築予定地を選択して下さい。

注文住宅の建築予定地域から施工可能な工務店が探せます。

ページのトップに戻る