輸入住宅を建てたい 輸入住宅のメリット・デメリットと
失敗しないためのポイント
お好みのテーマで工務店を探そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

輸入住宅を建てたい 輸入住宅のメリット・デメリットと失敗しないためのポイント

輸入住宅をお考えの皆さんへ、輸入住宅をつくる際のメリット・デメリットと失敗しないためのポイントをお伝えします。動画とマンガを見て、お住まいの地域や輸入住宅をつくる工務店を見つけて下さい。工務店の情報を見る、無料の資料お取り寄せ・お問い合わせは最下部の地域選択から。

輸入住宅を建てたい方は展示場や外観、輸入住宅独特のデザインが気に入って建てるケースが多いようです。輸入住宅といっても北米系や南欧風、北欧風など色々なデザインや造り方があります。また、最近注目されている省エネや断熱性等にも優れている住宅も多くあります。ここでは輸入住宅のメリットやデメリットを見ていきたいと思います。


部材のほとんどを直輸入もしくは商社系統であっても単純な話で円高であれば海外の物は 安く購入できるケースがほとんどです。 中には輸入住宅といっても国産品が多かったりするところもあるようなので、事前にどこで 仕入れなどを行っているか?確認するといいでしょう。

様々な輸入住宅がある中で心配な点の一つかもしれませんね。 輸入住宅をイメージさせるものとして、無垢材をふんだんに使った木の家や特徴的な 窓周りデザインアイテムや内装デザインもあると思います。 もちろん施工会社による所があるかも知れませんが、輸入住宅ではメンテナンスを少しずつ 行っていくとより味わい深い物になるでしょう。 設備機器などは日本製品を取り入れている会社も多くありますし、心配であれば設備機器は日本製品を取り入れていくことも方法でしょう。 輸入住宅を扱っている会社はこのような事もあるので、在庫としていくつかのアイテムを抱えている会社も在ります。
今は、このメンテナンスがきちんと出来ないとお客様にも支持されないので、国内メーカーと遜色ない位に充実している会社もあります。 また海外製品で言えば、日本製品と違いいわゆる「デザインチェンジ」はあまりしません。 長年あったものが廃番になっているという事は少ないといえるでしょう。

輸入住宅に限らず住宅づくり全般に言える事かもしれませんが、沢山のオーダーが あればそれに応じて価格も上がることはあります。 現在の円高の状況下では、逆に円高メリットを受けられる事が多いといわれてます。 また、比較的標準的な仕様内容でも充実していることも多く、展示場と実物が遜色ない という事もあるようです。日本の住宅メーカーでは、建てている家と展示場が著しく違うと いったことはよくあるケースですが、輸入住宅の会社ではそのギャップは随分少ないようです。

日本の住宅もすべて国産材という商品はごく稀で、輸入部材を多く活用している建築が 多くあります。 輸入住宅といっても一口には語れませんが、北米、北欧の住宅等も厳しい建築基準を設けて造られており、日本の住宅が海外に学んで造る例は沢山あります。 また、北米や欧州の建物の寿命は日本の住宅に比べると大変長く、多くのものが50年、70年またそれ以上と大変長い寿命があります。 耐震強度でも長期優良住宅の最も厳しい基準をクリアする住宅もあり、性能や適合性は 十分にあるといえるでしょう。



工務店を地域から探す

お住まいの地域、建築予定地を選択して下さい。

注文住宅の建築予定地域から施工可能な工務店が探せます。

ページのトップに戻る