コミュニティービルダー協会は
「外務省Japan SDGs」「内閣府beyond2020」
の認定団体です。

工務店経営 営業嫌いな社長が成功したワケ

公開日: : 工務店 集客

660_bit201807181141558111

 

訪問営業が効きづらくなっている

新型コロナの影響で

展示場自粛、見学会自粛

さらに、今は訪問営業も歓迎されていません。

これで一番大変なのは大手住宅メーカーでしょう。

大手はほとんどが住宅展示場での集客

そこから営業攻勢をかけ受注につなげるとうのが

一つのパターンです。

もちろん会社にもよりますが、おおいところでは

全受注の半分以上が住宅展示場が受注源という

会社も有るくらいです。

これは大変ですよね。

一方で地域工務店というと

まず、展示場は持っていない会社のほうが

多い。あっても単独展示場。

つまり、経費もかからないわけです。

その代わりそこでの集客も望めません。

工務店で多いのは、見学会での受注。

それから紹介。最近ではWEB経由も有ります。

少し考えてみると

コロナ騒動に関わらず、住宅業界は縮小傾向に

あることはご存知のとうりです。

いずれは縮小された市場の中で競争していく

事も避けられないでしょう。

そんな中で

工務店はものづくりの会社

住宅メーカーは販売の会社

そういう考えで

自分も営業は好きでないしできれば

したくない。

ものづくりや現場は好きだ。

という工務店の社長で

訪問営業しないで受注を挙げられる方法は

ないものだろうか。

そういう工務店の社長は多いと思うんです。

実際に

そういう方法はあるかというとあるのです。

簡単にいうと

手紙で営業をする

とう方法です。

日本一の追客セミナー

手紙で営業ってなんだろうと思うかもしれません。

しかし、ただの手紙ではありません。

(それなら受注もあがりませんよね)

まず、弱点を強みに変える。

例えば、自分の会社は地元密着で仕事をしていて

現場を大切にしている。専門の営業職はいない。

そういうことをはっきりをいえば良い訳です。

それから

自分のこだわり(自分の強みって以外に見つけづらいものです)

をしっかり訴求する。

人数が少ない工務店であれば、小回りを大事にしている。

量ではなく、質を大事にしている。

大手と違い、地元が相手だからアフターや

繋がりを大事にしている、などなど

探せば沢山出てくると思います。

そして

自分も知ってもらう。

親近感を持ってもらうということですね。

更に、

お客様にとって役立つ情報を定期的に届ける。

ということです。

先に出すように、営業はいないので

その代わり、家作りで気をつけるポイントや

大切なところなどを

解りやすくお客様に伝えるように工夫した

ニューズレターのような形で送るのです。

大切なことは

お客様にとって役立つということ。

定期的に送るという点です。

もっといえば

自社で建てるか、他社で建てるか

計画が中止になるか。

そこまではっきりするまで

出し続けるということです。

私達の研修でも、

たった3人の工務店さんで

年間18棟までになったり

1ヶ月に2棟受注したりと

成功例は多く伝わってきています。

お客様は売り込まれたくない

のです。

しかし

良い情報は欲しいのです。

伝わっていますでしょうか?

もし今までニューズレターを出しても

あまり成果が出ないという場合には

見直すことも大切です。

何故かというと

ニューズレターとお客様か関心を持ってもらう

手紙は同じ内容ではないのです。

日本一の追客セミナー

ニューズレターは

お客様との関係性の維持には良いツールです。

ですから、どちらかと言えばOB客には

合っているでしょう。

これから商談客としてランクアップさせたい

受注をしたいというお客様とは

送る内容は違うのです。

何故なら関心を持っていることが違うからです。

OB客に、資金計画のことを伝えて興味もって

もらえるでしょうか?ないですよね。

これから家づくりを考えている人に

リフォームパックの案内を出しても

関心はないですよね。

そういうことです。

しかし、現実にはごちゃごちゃになっている

ことがとても多いのです。

先の話にもどりますが、

営業より現場のほうが良い。

できれば商談だけであれば尚良い。

こう思う社長には今の時代はピッタリです。

先に言ったように、お客様が売り込みされるのを

嫌がっている。

だから無理に営業しなくても良い、というか

しないほうが良いくらいです。

その代わりに手紙という形でお客様に

役立つ情報を出して

まず関係性を創る。そしてお客様のほうから

商談の相談をするように仕掛けていく。

これが大切です。

説明会も開いていますので

御気軽に御参加下さい。

きっと何かつかめます。

日本一の追客セミナー

 

 

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

FireShot Capture 476 -  - http___www.rinya.maff.go.jp_j_kikaku_hakusyo_29hakusyo_attach_pdf_gaiyo

今年の森林・林業白書について

2018/08/18 |

お盆が明けたら、急に風が涼しくなって過ごしやすくなりましたね。 現場の職人さんたちや家族の皆さ...

記事を読む

お客様宅へ

工務店 消費税増税 10%

2016/01/30 |

大手には大手の地元工務店には工務店のPR方法がある 工務店 消費増税10%へ向けて最後のチャン...

記事を読む

danetu1

「住まいの断熱」アンケートより

春分の日も過ぎて暖かくなってきましたね。 暦では『雀始巣(すずめはじめてすくう)』。 雀...

記事を読む

IMG_2643

住宅営業 追客フォロー研修

2016/06/17 |

住宅営業 追客フォロー研修 消費増税は予測どうりというか、10%へのアップは一次中断となりまし...

記事を読む

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑