コミュニティービルダー協会は
「外務省Japan SDGs」「内閣府beyond2020」
の認定団体です。

積水ハウス株主総会後が注目される

公開日: : 工務店 集客

お元気ですか?

今日も良きことが起こることを願います。

 

rekishi-img_08

戦後住宅産業を牽引したプレハブ住宅

昨日ですが、住宅業界でも大手の

積水ハウスの株主総会がありました。

旧経営陣と新経営陣の対立が表面化して

注目された中で行われました。

結果は、新経営陣の勝利という形に

なりましたが、

後味があまり良くない結果となってしまいました。

双方言い分はあるでしょう。

しかし

ここしばらくの積水ハウスの業績を見ると

12月

全体              97% 89%
【戸建住宅】             91% 76%
【賃貸住宅(RC造除く)】         106% 96%
【分譲住宅事業】              92% 100%
【マンション事業】             85% 80%
【リフォーム事業】            101% 102%
1月
全体               96% 86%
【戸建住宅】             90% 78%
【賃貸住宅(RC造除く)】  105% 93%
【分譲住宅事業】               91% 82%
【マンション事業】            84% 72%
【リフォーム事業】            100% 93%

2月
全体            96% 96%
【戸建住宅】            97% 97%
【賃貸住宅(RC造除く)】    91% 91%
【分譲住宅事業】         98% 98%
【マンション事業】     144% 144%
【リフォーム事業】      93% 93%

3月
全体            84% 76%
【戸建住宅】           88% 81%
【賃貸住宅(RC造除く)】    80% 72%
【分譲住宅事業】             87% 79%
【マンション事業】          111% 90%
【リフォーム事業】         78% 69%

3月はコロナの影響もあり軒並み厳しい結果と
なっている。
かつての住宅業界戸建てNO1だった積水ハウスも
その座を一条工務店に奪われ、全社業績でいっても
トップの大和ハウスとは大きく水を開けられている。

それにしても昨年の4月期の受注依頼
3月まで1年間にわたり、全て戸建て受注は
マイナスで推移している。

これは市場縮小の影響が大きくあるということ
だけでなく、先に書いた社内内紛が
影響されているのとの見方が強い。

営業マインドが強い社風で
優秀な社員が多いことでも業界内でも
有名な同社。

今回の内紛も早く収まってくれると
良いと思います。

というのも良い、悪いではなく
戦後日本の住宅業界を引っ張ってきた
リーディングカンパニーでもあり

圧倒的木造志向が強い日本の中で
工業化住宅(プレハブ住宅)を

推進して業界でトップになったという

ことは凄いことで
すざましい努力をしてきたと
考えられるからです。

日本で住宅展示場という形態
をつくり
営業方法を作ったり
標準設備という考えもつくって来ました。

ちなみに他の大手住宅メーカーの
状況はどうかというと

(内容は戸建て事業分)
2020/03 2020/02   2020/01  2019/12 2019/11
大和ハウス工業   -1.0% -12.0%     -12.0%  -8.0%   -3.0%
積水ハウス    -24.0%  -4.0%    -14.0%  -11.0%  -7.0%
住友林業     -29.0%  -3.0%    -10.0%  -10.0%  -15.0%
旭化成ホームズ  -32.0%  -17.0%     -26.0%  -14.0%  +5.0%
パナソニック   -48.0%  -4.0%    -17.0%  -25.0%  -8.0%
ミサワホーム   -31.0%  -15.0%   -15.0%  -19.0%  -7.0%
三井ホーム    -38.0%  -14.0%  -24.0%  -14.0%  -11.0%
タマホーム    -11.0%  -9.0%    -14.0% -14.0%  -11.0%
他の大手の状況も大変厳しい状況になっています。

大手がここまで厳しいのは、リーマンショック以来、会社によっては
それ以上だというところも出ています。

先にあげた集客装置としての

総合住宅展示場は

長年、大手住宅メーカーの集客を
牽引してきました。

しかし、コロナの影響もあり

それが活動できない状況にあります。

積水ハウスではVR(バーチャルリアリティ)
のゴーグルをお客様に郵送し

専用アプリを設けて営業活動の

新たな方法とし推進し始めたそうです。

これから

非常事態宣言が解けたとしても

新しい集客、商談の方法として

広まっていく可能性は

十分にあります。

VR(バーチャルリアリティ)は

ゴーグル自体はそれほど高いものでは

ありませんが、

そこで映す内容や付属機能によっても

価格は変わってきます。

いづれにしても

新しい集客や商談方法として

定着していくでしょう。

混沌とする住宅業界ですが

次の一手を進めて行きましょう。

工務店の集客・営業ならジーレックスジャパン →ホームページはこちら

商品の差別化へ!制振装置はこちらから →耐震・制振装置

友達申請お待ちしてます! →代表浄法寺のfacebook

工務店のネット集客ならこちら →工務店情報サイト ハウジングバザール

関連記事

FireShot Capture 476 -  - http___www.rinya.maff.go.jp_j_kikaku_hakusyo_29hakusyo_attach_pdf_gaiyo

今年の森林・林業白書について

2018/08/18 |

お盆が明けたら、急に風が涼しくなって過ごしやすくなりましたね。 現場の職人さんたちや家族の皆さ...

記事を読む

640x640_rect_5610745

工務店セミナー 顧客フォロー

2015/03/13 |

研修での話し 新規の獲得とフォローについてでした。 顧客のフォローや追客はどこで...

記事を読む

tsuikyaku_banner

工務店集客 今ある名簿リストへ追客行動する時期

2020/03/16 |

既存の名簿リストから商談客を産み出す 段々春らしくなってきました。 3月は現場の追い込み...

記事を読む

住宅営業本

コロナウィルスの影響 工務店経営も見直す良い時間かもしれない

2020/03/05 |

頼みたくなる住宅営業になれる本 アマゾンで好評発売中です。 コロナウィルスの関係...

記事を読む

  • 木の家住宅サイト『ハウジングバザール』

    もし、木の家をつくっていて
    もっと多くのお客様と出会いたい
    という会社さんはぜひ見てください。
    月間PV200万の住環境サイトです。
    掲載のお問合せはこちら↓

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が書いた住宅営業向けの本です。特にこれからの住宅営業向けに基本的な考え方と流れについて書いています。

  • 協会の著作

    代表理事の浄法寺が「SDGsをどうすれば建築業に活かせるか」を具体的な事例を取り入れながら書いた本になります。

  • 僕たちが応援している【建築会社ができる社会貢献】のひとつのかたちです。

  • 当協会主催の勉強会です。
    せっかくのご縁で知り合えたお客様
    でも「まだ先なんです…」と言われたとき
    どうやって成約まで進めていますか?
    具体的な方法を知る勉強会です。

  • 当協会監修の本です。工務店さんの集客に役立つアイデアがたくさん詰まってます!!

PAGE TOP ↑